#author("2020-12-11T07:00:00-08:00","","")
#author("2020-12-21T14:51:45-08:00","","")
*《シラガネギンガー》 [#top]
 通常モンスター
 星4/闇属性/炎族/攻 400/守1400
 天の川を自由に漂う乙女。
 その姿は流れ星のよう。
 彼女を見て願い事を唱える人は後を絶たないが、自分の力で叶えてこその夢だと辛口コメント。

 [[マキシマム超絶強化パック]]で登場した[[闇属性]]・[[炎族]]の[[下級>下級モンスター]][[通常モンスター]]。~

//単体での使い方。
 [[《火麺忍者バーリカータ》]]などと同じ[[炎族]]の[[通常モンスター]]であり、主な運用方法もあちらと同様。~
 この[[カード]]は同[[種族]]の[[通常モンスター]]の中で最も[[守備力]]が高く、[[攻撃力]]が最も低い。~
 [[下級>下級モンスター]][[ブロッカー]]としてはそこそこの[[ステータス]]だが、なまじ[[攻撃力]]があるため[[《仙人の神髄》]]などのサポートが受けられない。~
 また、[[炎族]]で統一する際の利点である[[《火麺上忍ゴックブート》]]は[[攻撃力]]を[[アップ]]させる[[効果]]を持っているため、[[ブロッカー]]寄りの[[ステータス]]であるこの[[カード]]はその利点を活かしきれない。

//コンボでの使い方。
 [[《カウンター・シールド》]]には対応するので、[[壁]]や[[リリース]]などに使ってから[[墓地コスト]]役として他の[[炎族]][[バニラ]][[アタッカー]]達を支えるのが良いか。~

-[[カード名]]は「白髪ネギ」と「銀河」を組み合わせたものだろう。~
『辛口コメント』という[[フレイバー・テキスト]]から読み取れるモチーフはラーメンのトッピングのひとつ「ピリカラ白髪ネギ」だろうか。~

-原作・アニメにおいて―~
アニメSEVENSの「麺三郎vs宇宙子」戦で宇宙子が3枚使用。~
1[[ターン]]目に[[《ビッグバン・エッガー》]]2体と共に[[セット]]され、次の宇宙子の[[ターン]]に[[《コズミックストリング・ヌードルイダス》]]の[[リリース]]となる。~
その後、あちらの[[効果]]で2体目が[[墓地へ送られ>墓地へ送る]]、返しの[[ターン]]に[[罠カード]]《ダーク・バター》の[[効果]]で3体目が[[デッキ]]から[[墓地へ送られた>墓地へ送る]]。~
//-コナミのゲーム作品において―~

//**関連カード [#card]
**関連カード [#card]

-[[守備力1400の下級モンスター>《グレムリン》#card]]

//―《シラガネギンガー》の姿が見られる[[カード]]
//他のカードにこのカードのイラストが含まれている場合、そのカードをリンク

//**このカードを使用する代表的なデッキ [#deck]
//-[[【】]]

**収録パック等 [#pack]
-[[マキシマム超絶強化パック]] RD/MAX1-JP044

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS