《ヘリオス・デュオ・メギストス/Helios Duo Megistus》

効果モンスター
星6/光属性/炎族/攻   ?/守   ?
このカードは自分フィールド上の「原始太陽ヘリオス」1体を
生け贄に捧げる事で特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力と守備力は、
ゲームから除外されているモンスターカードの数×200ポイントになる。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、
エンドフェイズ時に攻撃力・守備力を300ポイントアップさせて特殊召喚される。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 遊戯王デュエルモンスターズ エキスパート2006 付属カードで登場した光属性炎族上級モンスター
 《原始太陽ヘリオス》リリースして手札から特殊召喚する召喚ルール効果除外されているモンスターの数に比例して攻撃力守備力を決定する永続効果戦闘破壊され墓地へ送られたターンエンドフェイズ自己強化して自己再生する誘発効果を持つ。

 《マクロコスモス》《原始太陽ヘリオス》特殊召喚すればすぐに特殊召喚でき、通常召喚も可能である。
 また、炎族なので《火口に潜む者》効果により手札から特殊召喚することもできる。

 しかし、ステータスの上昇率が1体につき200と低い。
 相手除外されたモンスターもカウントするとはいえ下級モンスター《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の半分であり、相手除外されたモンスターの数が自分の同等以下の場合、ステータスがあちら以下になってしまう。
 また上位種《ヘリオス・トリス・メギストス》にも召喚制限がないため、特殊召喚サポートを使うならあちらの方が良い。
 《原始太陽ヘリオス》から《ヘリオス・トリス・メギストス》に繋げる場合は必須となるが、その方法自体の効率が悪い。
 戦闘破壊された時に発動する自己再生効果《マクロコスモス》発動下では使うことができず、使い勝手は悪い。

 このカードならではの利点に乏しく、このカードを使うよりも《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》を使うか、《ヘリオス・トリス・メギストス》を単体で起用したほうがいいだろう。

 《混沌空間》とは相性がよく、お互いカードを大量除外する構築であればこのカード除外帰還に繋げられる。
 また、光属性なのでサーチにも対応する。
 しかしその場合もレベル属性が同じ《黄金のホムンクルス》の方がステータスが高くなりやすい。

  • デザインは「ヴィレンドルフのヴィーナス」に似ている。
  • 攻撃名の「ウルカヌスの炎」の「ウルカヌス」については《獣神ヴァルカン》を参照。
    また、アニメにおいての召喚条件カードである《黄色の過程−キトリニクス》より、このカードは恒星の状態のひとつである「黄色主系列星」を表しているものと思われる。
    我々の太陽も含む、恒星の中では比較的若い分野に入る星である。
  • あらすじの紹介文では「双子の太陽(ヘリオス・デュオ・メギストス)」というカード名になっていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードは、《シャインエンジェル》効果特殊召喚できますか?
A:《シャインエンジェル》効果では、攻撃力の値が「?」のモンスター特殊召喚する事はできません。

Q:除外されているモンスターが10体の状態で、このカード対象《収縮》発動した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:除外されているモンスターの数×200=2000になります。(19/03/08)


Tag: 《ヘリオス・デュオ・メギストス》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 炎族 攻? 守?

広告