炎舞(えんぶ)−「天権(テンケン)」/Fire Formation - Tenken》

永続罠
このカードはメインフェイズ1でのみ発動できる。
このカードの発動時に、自分フィールド上の獣戦士族モンスター1体を選択する。
このカードを発動したメインフェイズ1の間だけ、選択したモンスターの効果は無効になり、
このカード以外のカードの効果を受けない。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。

 COSMO BLAZERで登場した永続罠
 炎舞の一枚であり、自分獣戦士族効果無効にし効果耐性を付与する効果と、自分獣戦士族全体強化する効果を持つ。

 効果無効になるが、メインフェイズ1の間モンスターを守ることができる。
 発動タイミングが限定されているため、主に《激流葬》《奈落の落とし穴》等の召喚反応型やフリーチェーンカード無効にしてアドバンテージを稼ぐことになる。
 全体強化モンスターの維持が可能となる効果との相性が良い。
 ただしダメージステップでの発動ができない都合上、除去されやすい。

 また相手メインフェイズ1にも発動できるので《ブラック・ホール》等の除去チェーンすることも可能。
 ただし、一度バトルフェイズに入った後のメインフェイズ2ならばそのまま除去される。
 炎星効果セットした場合などで、このカードの存在が相手に知られていると、ターン中の戦闘を破棄させられるとはいえ、プレイングひとつで対処される。
 相手ターンに関してはあまり依存できるものではなく、【炎星】でも《禁じられた聖槍》などのほうが使いやすい場面もある。

 選択したモンスター効果無効になるのはメインフェイズ1の間であるため、《暗炎星−ユウシ》《激昂のミノタウルス》等の効果を阻害しない。
 《スキルドレイン》と同じく《神獣王バルバロス》攻撃力を元に戻すこともできる。

  • 「天権」とは、北斗七星を構成する星の1つであるおおぐま座のδ星「メグレス」の中国での呼び名である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に獣戦士族モンスターが存在しない場合発動することはできますか?
A:いいえ、発動することはできません。必ず対象に取る必要があります。(12/11/17)

Q:発動後このカードフィールド離れた場合、1つ目の効果はどうなりますか?
A:このカード効果処理を行った後に離れたなら、メインフェイズ1の間は選択したモンスター効果無効化され、他のカードの効果も受けません。
  効果処理を行う前に離れたなら、効果適用されません。(13/02/13)

Q:メインフェイズ1の終了前に《エフェクト・ヴェーラー》を自分フィールド上に存在する《暗炎星−ユウシ》を対象に発動された時、このカードをチェーン対象《暗炎星−ユウシ》を選択した場合、《暗炎星−ユウシ》の1つ目の効果バトルフェイズ中に発動することはできますか?
A:発動することができます。(13/02/06)

Q:《DNA改造手術》によって、戦士族獣戦士族になっています。
  そのモンスターに対しこのカード発動した場合どのように処理をしますか?
A:効果が適用されている間、そのモンスター戦士族になります。
  なお「選択したモンスター効果無効になり、このカード以外のカード効果を受けない」は通常通り適用されます。(13/04/18)


Tag: 《炎舞−「天権」》 永続罠 炎舞

広告