砂漠(さばく)(さば)き/Judgment of the Desert》

永続罠
表側表示になったモンスターの表示形式は変更できない。

 ファラオの遺産で登場した永続罠
 モンスター表示形式変更の権利の行使を不可能にする。

 カードの効果による表示形式の変更には制限はかからない。
 また、効果が及ぶのは裏側守備表示からリバースしたモンスターのみなので、使いどころが非常に限定される。
 ちなみにサイクル・リバースモンスター群は自身の効果表示形式変更を行うので影響は無い。
 戦闘破壊耐性を持つモンスター送りつけサンドバッグにする事はできるが、最初から表示形式を変更できない効果を持つ《アルカナフォース0−THE FOOL》を単体で使った方がいい。
 表示形式の変更を封じるにしても、最初から表側表示モンスターにも適用される《重力の斧−グラール》の方が何かと使いやすい。

 《つまずき》と共に使用すると、裏側守備表示モンスター反転召喚しても表側守備表示になり、攻撃表示にできなくなる。
 召喚特殊召喚したモンスター《月の書》《闇の護封剣》裏側守備表示にしてしまえば表側守備表示になり攻撃できなくなる。
 《霞の谷のファルコン》《闇の護封剣》を使いまわしたりすれば一風変わったロックデッキが作れるだろう。
 また、《皆既日蝕の書》相手モンスターリバースさせ、表側守備表示にできるので相性がいい。
 《ゴーストリックの猫娘》効果を使うのも悪くはない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:テキストにある効果の適用条件の表側表示に「なった」とはどういう意味ですか?
A:いったんセットされてからリバースしたモンスター適用されるという意味です。
 最初から表側表示召喚特殊召喚されたモンスターには適用されません。

Q:このカード発動する前に既に表側表示になったモンスターはこのカード効果適用されますか?
A:いいえ、効果適用されるのはこのカード発動し、効果適用された後に表側表示になったモンスターのみになります。(15/06/12)


Tag: 《砂漠の裁き》 永続罠

広告