十二獣(じゅうにしし)モルモラット/Zoodiac Ratpier》

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻   0/守   0
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードを素材として持っている、
元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した地属性獣戦士族下級モンスター
 召喚に成功した場合に十二獣墓地へ送る誘発効果獣戦士族エクシーズ素材となっている時に同名カードリクルートする起動効果を付与するルール効果を持つ。

 (1)の効果十二獣カード墓地へ送る効果
 主用途は2つあり、1つは攻撃力の高い《十二獣サラブレード》墓地へ送り《十二獣タイグリス》エクシーズ素材化してエクシーズモンスター攻撃力を上げる事。
 もう1つは《十二獣の方合》墓地に送り、急速にエクストラデッキから失われる十二獣エクシーズモンスターの回収の準備をおこなう事である。

 (2)は獣戦士族エクシーズモンスターに「《十二獣モルモラット》をリクルートする効果」を付与するもので、【十二獣】の根幹を成す重要な効果である。
 十二獣エクシーズモンスターは、全員が「十二獣モンスター1体の上に重ねてエクシーズ召喚できる」という特殊な召喚条件を持つ。
 よって、まずこのカードエクシーズ素材としている十二獣エクシーズモンスターAがこの効果発動
 その後Aに重ねて十二獣エクシーズモンスターBをエクシーズ召喚すると、BはAと別のモンスターであるため、この効果を再度発動できる。
 更にこのカード自身も十二獣なので、このカード1枚を素材に十二獣エクシーズモンスターエクシーズ召喚可能。
 したがって、このカード十二獣Aを重ねる→AにBを重ね、Aをコストにこの効果発動→BにCを重ね更に効果発動リクルートされた《十二獣モルモラット》×2でエクシーズ召喚、と繋げる事で、このカード1枚からランク4が2体並ぶ事になる。
 より詳細な解説は【十二獣】戦術の項を参照。

 唯一欠点と言えるのは攻守が0な点で、十二獣エクシーズモンスターはいずれもエクシーズ素材となっている十二獣ステータスの合計を自身の攻守とするため、このカード1枚から出すと攻守0となってしまう。
 これについては、このカード1枚からのエクシーズ召喚ではなく《十二獣サラブレード》と並べて通常のエクシーズ召喚を行う、《十二獣タイグリス》エクシーズ素材を補充するなどの方法で補える。
 稼いだアドバンテージを考えれば攻守が低くても十分と考え、諦めるのも1つの選択である。

  • 《連鎖除外》には非常に弱く、使われると後続の2枚もまとめて除外されてギミックが崩壊する。
  • モチーフは十二支の「子」と思われる。
    カード名は「モルモット」と「ラット」を組み合わせたものだろう。
    共に実験動物として飼育されることが多い齧歯目の生物である。
    また、イラストでは騎士風の姿をしていることから、アーサー王伝説の「モルドレッド」から捩ったとも考えられる。
    • 英語名はRat(ドブネズミ)とRapier(レイピア)を組み合わせたものと思われる。

関連カード

―《十二獣モルモラット》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《十二獣モルモラット》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 獣戦士族 攻0 守0 十二獣

広告