針虫(はりむし)巣窟(そうくつ)/Needlebug Nest》

通常罠
(1):自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。

 THE DUELIST GENESISで登場した通常罠
 自分デッキの上から5枚のカード墓地へ送る効果を持つ。

 《おろかな埋葬》のようにピンポイントでカード落とすことはできないが、こちらは墓地アドバンテージの枚数で勝る。
 コスト発動条件がないため、序盤から墓地を肥やす事ができる。
 しかし、罠カードであるが故に、1ターン待たねば発動できないというタイムラグが難点となっている。
 墓地肥やしカードとしてはある種の発動条件と言えるほどであり、エンドサイク等も掻い潜らなければならない。
 また、手軽に墓地を肥やすカードとしては、ライトロード《カードガンナー》も存在しており、これらは墓地肥やし効果以外のモンスター効果も有している。
 これらは使いきりの罠カードと違い、即座にディスアドバンテージとはならない。

 このカード自体は決して弱くないが、上記の点から全体的に中途半端さが否めない。
 短期決着を目標とするビートダウンでは、即効性がある上に墓地へ送りたいカードをピンポイントで送れる《おろかな埋葬》《終末の騎士》等が優先される。

 ランダム墓地肥やしにしても前述のライトロード等、多くのライバルが存在する。
 ただしそれらにしてもエンドフェイズまでの維持等、クリアしなければならない条件はあり、また《一族の結束》等をはじめとするカードの登場もある。
 質より量を重視する墓地肥やしを目的とする場合にはこちらが有用であることも多くなっており、そうしたデッキでの採用は十分検討できる性能である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《針虫の巣窟》 通常罠

広告