風征竜(ふうせいりゅう)−ライトニング/Lightning, Dragon Ruler of Drafts》

効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻 500/守1800
ドラゴン族または風属性のモンスター1体と
このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「嵐征竜−テンペスト」1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
「風征竜−ライトニング」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 スペシャルカードプレゼントキャンペーンで登場した風属性ドラゴン族下級モンスター
 自身と特定のモンスター手札から捨てることで、攻撃を制限された《嵐征竜−テンペスト》デッキから特殊召喚する起動効果を持つ。

 【征竜】の圧倒的な強さに貢献したものの、登場後わずか半年あまりで禁止カードとなった下級征竜の1体である。
 現在は無制限カードとなっているが、リクルート先の《嵐征竜−テンペスト》禁止カードのため、事実上バニラとなっている。
 その他下級征竜の共通事項については《地征竜−リアクタン》を参照。

 このカード攻撃力が500なので、《デブリ・ドラゴン》蘇生できる。
 《嵐征竜−テンペスト》リクルートした後《デブリ・ドラゴン》でこのカード蘇生させてシンクロ召喚すれば、《嵐征竜−テンペスト》ランク7のエクシーズモンスターエクシーズ召喚できる。
 さらにエクシーズ素材になった《嵐征竜−テンペスト》コストなどで墓地へ置けば、《デブリ・ドラゴン》とこのカード除外して《嵐征竜−テンペスト》特殊召喚できる。
 また、このカード《嵐征竜−テンペスト》手札にある場合、《嵐征竜−テンペスト》効果発動させて《デブリ・ドラゴン》サーチしても同じことができる。
 この場合、《嵐征竜−テンペスト》自身の効果による特殊召喚はできなくなるが、他の征竜手札にあればエクシーズ素材を揃えることができる。
 《デブリ・ドラゴン》サーチしたそのターンで行えるので、安定感はこちらの方が上である。

 風属性が主体のデッキでは1つ目の策が限度だろうが、ドラゴン族が主体であれば他の征竜の用意も含めてこちらの手段も行いやすい。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》を絡めればさらに展開の幅が広がる。

  • 「ライトニング(Lightning)」とは、英語で「稲妻」の意味。
    「風」とは直接関係ないようにも思えるが、雷の発生する原理やが雷雨を伴うものと考えればさほど的外れという事もない。
    このカードイラストに稲妻は描かれていないが、成長後の方には描かれている。
    なお、遊戯王OCG初期においては、雷や電気が絡むモンスター光属性ではなく風属性となる傾向もあった。
    ゲーム作品などでも雷を使う攻撃は風属性になる事も多い。
    英語名にある「draft」は、「隙間風・通風」の意。

関連カード

収録パック等


Tag: 《風征竜−ライトニング》 効果モンスター モンスター 星3 風属性 ドラゴン族 攻500 守1800

広告