鳳翼(ほうよく)爆風(ばくふう)/Phoenix Wing Wind Blast》

通常罠
手札を1枚捨て、相手フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択した相手のカードを持ち主のデッキの一番上に戻す。

 FLAMING ETERNITYで登場した通常罠
 手札1枚をコスト発動し、相手フィールド上のカード1枚をデッキトップバウンスする効果を持つ。

 《サンダー・ブレイク》と同じく、手札コストを要すフリーチェーンの万能除去罠カードである。
 《サンダー・ブレイク》と比較すると、《スターダスト・ドラゴン》等の破壊耐性を持つカードに強く、ドローロックし、相手墓地を増やさない点で勝る。
 《サンダー・ブレイク》と違い除去の種類はバウンスであり再利用を許すが、モンスター相手には《サンダー・ブレイク》以上の活躍が期待できる。

 総じて、手札コストを必要とし遅効性の罠カードであるが、フリーチェーンの万能除去カードという優秀な効果を持つ。
 魔法・罠カード除去に対して発動したり、エンドサイクと同じ使い方をすれば、魔法・罠カードチェーン発動されることはない。

 優勢時に発動したり、召喚ディスアドバンテージが生じるモンスターに使うことで真価を発揮し、手札コストにも《ヴォルカニック・バレット》等を用いればディスアドバンテージを軽減できる。
 見方によっては、「自分墓地を肥やしつつ、相手墓地を肥やさない」という性質を持っているとも言える。
 【除去ガジェット】【サモンプリースト】といった、手札コストを苦にしないコントロールデッキや、【インフェルニティ】等の墓地を肥やすことが重要なデッキで特に採用価値が高まる。

 一方でバウンス共通の問題として、など召喚特殊召喚時に発動する効果相手には後の不安をやや残す。
 下級モンスターに使ってもあまり痛手にならず、更に魔法・罠カードならチェーン、もしくは次ターンに再び発動セットが可能なことには注意。
 また、効果相手フィールドに限定されているため、自分カードに使用できない点も《サンダー・ブレイク》に一歩譲る。

 とはいえ、手札ボード・アドバンテージを失った上でデッキトップに回収したいカードはそう多くないため、あまり気にしなくていい。
 デッキコンセプト上、自分カードの再利用が重要なら、《強制脱出装置》を優先するべきだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上の融合モンスターシンクロモンスターを選択できますか?
A:はい、できます。
  その場合、そのモンスターエクストラデッキに戻ります。(09/04/23)

Q:《サイクロン》発動チェーンして、その《サイクロン》対象に《鳳翼の爆風》を発動した場合、《サイクロン》デッキトップへ戻りますか?
A:そもそも発動墓地へ送られることが確定している《サイクロン》に対して、《鳳翼の爆風》を発動すること自体ができません。(12/05/03)

広告