A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) エネミー・キャッチャー/Ally of Justice Enemy Catcher》

効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻1800/守1800
このカードが召喚に成功した時、
相手フィールド上に裏側守備表示で存在するモンスター1体を選択して
エンドフェイズ時までコントロールを得る事ができる。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した闇属性機械族上級モンスター
 A・O・Jの一体であり、召喚に成功した時にコントロール奪取する誘発効果を持つ。

 コントロール奪取ができるものの、その範囲は裏側守備表示モンスターのみに限定され、召喚に成功した時のみにしか使えない。
 こちらから表示形式を変更させたならまだしも、初めからセットされていたモンスターを奪った場合は大抵処理方法に困る。
 シャドールならともかく、《メタモルポット》等の特定のリバースモンスターが都合良くセットされていることもまず無い。

 ターン終了時に相手コントロールが戻ってしまうため、コントロール奪取したターンに処理できなければアドバンテージに繋がらない。
 使いきりの直接攻撃を狙うための効果と割り切ったとしても、ステータスの低さも相まって単体でのアドバンテージが稼ぎにくい。
 消費は荒くなるが、このカードごと《真魔獣 ガーゼット》リリースして多少なりとも打点を底上させるのも手か。
 奪ったモンスターを処理しつつハンデスできる《無情の抹殺》も悪くない。

 能動的に使うには《月の書》《闇の護封剣》等の裏側守備表示に変更させるカードを併せて使いたい。
 《ゴーストリック・フロスト》とは相性が良く、相手攻撃モンスター裏側守備表示に変更させた上で自身をリリース要員に利用できる。
 また、レベル6なので聖刻リリースしてアドバンス召喚し、レベル6の通常モンスターとでエクシーズ召喚するのも良い。
 この時チューナーリクルートした場合はシンクロ召喚にも繋げられる。
 自己再生しつつ相手裏側守備表示にできる《妖精伝姫−シラユキ》も相性が良い。

 デメリットはあるが家臣モンスターリリース要員として考えられる。
 コントロール奪取対象を用意できる《地帝家臣ランドローブ》上級モンスターの追加召喚権を得られる《雷帝家臣ミスラ》が主な候補。
 《浅すぎた墓穴》《雷帝家臣ミスラ》蘇生リリースすることで、奪ったモンスターを更なるアドバンス召喚リリースに充てられる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:対象をとりますか
A:とります。(08/09/24)

Q:裏側守備表示コントロール奪取したモンスターが何であるか確認できますか?
A:確認できます。(10/10/09)

Q:効果解決時対象に選択したモンスター表示形式裏側守備表示以外の表示形式になった場合、コントロールを得る効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(12/06/13)


Tag: 《A・O・J エネミー・キャッチャー》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 機械族 攻1800 守1800 A・O・J

広告