(アーリー)・ジェネクス・ソリッド/Genex Ally Solid》

効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 500/守1200
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「ジェネクス」と名のついた水属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。

 DUEL TERMINAL −ジェネクスの進撃!!−で登場した闇属性機械族下級モンスター
 A・ジェネクスの1体でありフィールド上の水属性ジェネクスコストデッキから2枚ドローする起動効果を持つ。

 効果自体は《強欲な壺》そのものなのだが、コストとなるモンスターに厳しい制限がかけられている。
 ジェネクスは展開力が低いのもあり、どうやってコストを工面するかが課題となる。

 元々の属性水属性ジェネクス《ジェネクス・ウンディーネ》《ハイドロ・ジェネクス》の2体のみが存在する。
 特に《ジェネクス・ウンディーネ》《浮上》蘇生できるため、1ターンでこのカードと並べるのはそれほど難しくはない。
 また、《A・ジェネクス・チェンジャー》ジェネクス属性を変更できるので、自身だけでなくこのカード水属性に変更してコストにできる。
 水属性チューナー《A・ジェネクス・リモート》効果を使い、水属性ジェネクスを強引に生み出すという手もある。
 自身を《A・ジェネクス・ケミストリ》《幻惑の巻物》《DNA移植手術》を用いて水属性に変更するのも1つの手だろう。
 《機械複製術》《地獄の暴走召喚》と併用することで最大6枚までドローすることができる。

 しかし、このカード自身のステータスが低く、自身以外をコストにすると効果使用後の処理に困ることになる。
 自身以外を墓地へ送るのは活用法が存在する場合にしておきたい。

 水属性メタカードや、水属性を必要とするカードは多いため、《DNA移植手術》《帝王の轟毅》をメインとし、《氷結界の決起隊》《ダイヤモンド・ダスト》《水霊術−「葵」》等を最大限に活用する水属性デッキを作成して見るのもいいだろう。
 《水霊使いエリア》等とは《和睦の使者》のような戦闘から守るカードを共有できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《A・ジェネクス・ソリッド》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 機械族 攻500 守1200 ジェネクス

広告