(アーリー)・ジェネクス・ボルキャノン/Genex Ally Volcannon》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1700/守 600
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「ジェネクス」と名のついた炎属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊し、
破壊したモンスターのレベル×400ポイントダメージを相手ライフに与える。

 DUEL TERMINAL −ジェネクスの進撃!!−で登場した闇属性機械族下級モンスター
 A・ジェネクスの1体でありフィールド炎属性ジェネクスコスト相手フィールドモンスター1体を破壊し、相手にそのレベル×400ポイントのダメージを与える起動効果を持つ。

 瞬間火力は高いが、対象をとる破壊効果であり、それらに耐性を持つモンスターも多い。
 また、エクシーズモンスター破壊こそできるがレベルを持たないため効果ダメージを与えられない等、弱点も多い。

 破壊ダメージ効果はかなりの高水準であるため、コストさえ用意できれば一気に攻め込める。
 意図的に相手モンスターを押しつける壊獣と併用すれば、上記の弱点を補う事が出来、かなりのダメージを与えられる。
 《ギブ&テイク》《トラゴエディア》を送りつけて破壊すれば4000ものダメージを与えられる。

 リリースには下級《レアル・ジェネクス・マグナ》や、属性を変えられる《A・ジェネクス・チェンジャー》が扱いやすい。
 《ジェネクス・ヒート》《サーマル・ジェネクス》も存在するが、上級モンスターシンクロモンスターであり並べるのは一苦労。
 もっとも前者2種に関しても、そもそも【ジェネクス】が展開手段に長けていないので、手間がかかる点であまり差異は無い。
 相手フィールドの状況に左右されやすく、こちらのモンスターも減らす上で積極的に狙うべき戦術かは疑問である。

 基本的には《DNA移植手術》《A・ジェネクス・ケミストリ》で自身を炎属性に変更して射出したい。
 展開する手間を省ける上でこのカードバーン効果付きの《ならず者傭兵部隊》のように扱える。
 《A・ジェネクス・ケミストリ》は使い切りだがサポートカードも共有でき、《ジェネクス・ブラスト》《ギアギガント X》等でサーチできる。
 逆に《DNA移植手術》サーチ手段に乏しいものの、永続罠なので除去されるまでは適用され続ける。
 また《火霊使いヒータ》とは壊獣の送り付けによる戦法を共有する事ができる。
 好みの方を採用するか、両方採用して特化することも考えられるだろう。

  • 「ボルキャノン」は「ボルケーノ(Volcano)」と「キャノン(Cannon)」を合わせた造語だろう。
    このカードの効果に合った名前である。

関連カード

コストにできるジェネクス

収録パック等

FAQ

Q:対象をとりますか?また効果解決時に選択したモンスター裏側表示になっていた場合破壊されますか?
A:はい、対象にとります。選択したモンスター裏側表示となった場合は破壊されません。(13/02/03)

Q:破壊ダメージの処理は同時に行われますか?
A:はい、同時に行われる扱いになります。(11/06/19)

Q:このカードの効果で与えるダメージフィールド上に存在した時点でのレベルを参照しますか、それとも墓地などへ送られた時のレベルを参照しますか?
A:フィールド上に存在していた時点でのレベルを参照します。(11/06/19)

Q:このカードの効果エクシーズモンスターを選択して破壊できますか?
A:選択して破壊することはできますが、レベルを持たないためダメージを与えることはできません。(12/02/24)


Tag: 《A・ジェネクス・ボルキャノン》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻1700 守600 ジェネクス

広告