BF(ブラックフェザー)星影(ほしかげ)のノートゥング/Blackwing - Nothung the Starlight》

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/鳥獣族/攻2400/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「BF−星影のノートゥング」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手に800ダメージを与える。
その後、相手の表側表示モンスター1体を選び、
その攻撃力・守備力を800ダウンする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「BF」モンスター1体を召喚できる。

 PREMIUM PACK 17で登場した闇属性鳥獣族シンクロモンスター
 特殊召喚に成功した場合にバーン相手モンスター単体弱体化を行う誘発効果BFを追加で召喚できる永続効果を持つ。

 (1)の効果特殊召喚に成功した時にバーン単体弱体化を行う効果
 単体でも攻撃力守備力が3200未満のモンスターを処理でき、《大地の騎士ガイアナイト》よりも戦闘破壊できる範囲が広い。
 バーン《昼夜の大火事》と同等とついでとしては十分な数値であり、戦闘ダメージと合せて相手ライフポイントを大きく削ることができる。
 1ターンに1度の制限があるもののシンクロ召喚に限らないため、《BF T−漆黒のホーク・ジョー》で毎ターン特殊召喚してライフポイントを削ることもできる。

 (2)の効果BF限定の《二重召喚》効果
 【BF】の展開力を底上げしつつ、《黒い旋風》《BF−上弦のピナーカ》と併用すれば手札消費の激しさもカバーできる。
 このカード自身と追加召喚したチューナー《BF−漆黒のエルフェン》で、高レベルシンクロモンスターランク6のエクシーズモンスターに繋げるのも手だろう。
 レベル1のBFチューナーを出せば、《BF T−漆黒のホーク・ジョー》を出せ、その効果墓地のこのカード蘇生できる。

 同レベルには《BF−アームズ・ウィング》が存在するが、このカードチューナーの指定がなく、効果汎用性が高いので、基本的にこちらが優先される。
 さらに(1)の効果BFと関係なく使えるため、【BF】以外でも採用を検討できる。
 闇属性レベルモンスターという点から、《A・ジェネクス・バードマン》とで《レアル・ジェネクス・クロキシアン》シンクロ召喚を狙う過程の候補としても有意義な効果と言える。

  • 「ノートゥング」とは、「ニーベルングの指環」の中でジークフリートが持つ剣のこと。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《ピケルの魔法陣》などでダメージを与えられなかった場合、攻守800ダウンの弱体化を行うことはできますか?
A:いいえ、できません。(15/11/19)


Tag: 《BF−星影のノートゥング》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 鳥獣族 攻2400 守1600 BF

広告