C・HERO(コントラストヒーロー) カオス/Contrast HERO Chaos》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/戦士族/攻3000/守2600
「M・HERO」モンスター×2
このカードはルール上「E・HERO」モンスターとしても扱う。
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「光」としても扱う。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ストラクチャーデッキ−HERO's STRIKE−で登場した闇属性戦士族融合モンスター
 M・HERO2体を融合素材とし、自身を光属性としても扱う永続効果フィールド上の表側表示カード1枚を無効にする誘発即時効果を持つ。
 また、自身をE・HEROとしても扱う効果外テキストも持つ。

 融合素材融合モンスターM・HERO2体と非常に重いので、わざわざフィールド融合するのは効率的とは言えない。
 ルール上E・HEROと扱う点から、《ミラクル・フュージョン》《平行世界融合》での融合を狙うと良いだろう。
 正規のルートで出すのであれば、M・HERO《マスク・チェンジ》を使って追撃などを行いつつ墓地M・HEROを貯めるのが基本で、1体分ならば《融合識別》で賄うのも手だろう。
 早期の融合召喚を狙うならば《轟雷帝ザボルグ》エクストラデッキから直接墓地へ送るのも効果的で、《捕食植物キメラフレシア》も合わせて墓地へ送る事で《ミラクル・フュージョン》サーチも同時に行える。

 (1)の効果《混沌球体》などが持つ特徴と同じで、光属性闇属性を参照する素材両方に活用することができる。
 さらにルール上E・HEROとして扱えるので、対応するサポートカードは非常に多い。

 (2)の効果は、ノーコスト且つスペルスピード2でフィールドのカード無効化を行うというもの。
 スペルスピード2であるためにカウンター罠以外のカードであれば無効化できる、擬似的な耐性にもなる汎用性の高い効果である。
 ただし、フィールド上の表側表示カード対象にとってそれを無効化するため、このカード効果解決時対象フィールドを離れていた場合には無効にできない。

  • 素材であるM・HEROがモチーフとする特撮ヒーローには、下記のようにこのカードと多くの類似点を持つ「仮面ライダーW(ダブル)」が存在する。
    • 中心できっかり左右の色が分かれている。
    • 白と黒の色合いかつナイフ状の武器を持つフォームがある。
    • (結果的に)相手の能力を封殺するフォームがある。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画GX読切の「十代vs紅葉」戦において十代が使用。
    《融合》によって手札の《M・HERO バソール》と《M・HERO 烈火》を融合素材として融合変身した。
  • コナミのゲーム作品において―
    Duel Arenaではイベントの景品として登場。
    解説文には「光と闇の力を授けられた新たなHERO。運命を超えた戦いに勝つために、十代に協力していると報告されている。」といった趣旨の解説文が書かれている。
    デッキはGXの様々な作品で登場したE−の全てが集合した、HEROシリーズの集大成とも言えるデッキになっている。

関連カード

フィールド上のカード1枚を指定して無効にする効果

収録パック等

FAQ

Q:このモンスター《ファントム・オブ・カオス》除外した場合、その《ファントム・オブ・カオス》E・HEROとして扱いますか?
A:はい、E・HEROとしても扱います。(14/06/29)

Q:このカード装備カード扱いとなった場合でも「E・HEROカードとして扱いますか?
A:扱います。(15/01/10)

Q:このモンスター《スキルドレイン》適用中、E・HEROとして扱いますか?
A:はい、扱います。(14/06/21)

Q:通常魔法通常罠に対して(2)の効果発動できますか?
A:はい、できます。(14/06/21)

Q:ダメージステップに(2)の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/06/21)


Tag: 《C・HERO カオス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星9 闇属性 戦士族 攻3000 守2600 HERO E・HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告