(ディフォーマー)・マグネン(アイ)/Morphtronic Magnen Bar》

効果モンスター
星1/地属性/雷族/攻 100/守 100
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:自分フィールド上にこのカード以外のモンスターが
表側攻撃表示で2体存在する場合、1ターンに1度、
このカードの攻撃力はこのターンのエンドフェイズ時まで
そのモンスターの攻撃力を合計した数値分アップする事ができる。
この効果を発動するターン、他のモンスターは攻撃できない。
●守備表示:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上に存在するモンスターは攻撃できない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 ANCIENT PROPHECYで登場した地属性雷族下級モンスター
 表示形式によって、自身を強化する起動効果自分モンスター攻撃を制限する永続効果を得る。

 攻撃表示時の効果は、このカード以外の2体のモンスター攻撃力をこのカードに上乗せするというもの。
 並べるモンスターによっては破格の攻撃力を得る事ができるが、他のモンスター攻撃できなくなるため、使い所を見極める必要がある。
 また、このカード攻撃力が非常に低いため、返しのターンで大きな戦闘ダメージを受けることも覚悟しなければならない。
 《ガリトラップ−ピクシーの輪−》で守るのも有効だろう。

 守備表示時の効果は、自分モンスター攻撃を制限するデメリット効果
 相手からの戦闘ダメージを防ぐために守備表示にしたい場合は、他のモンスター攻撃を終えてから変更しよう。
 相手バトルフェイズ開始時に《ギブ&テイク》特殊召喚することで、相手攻撃を封じることも可能。

 《D・モバホン》とともに《ワン・フォー・ワン》に対応している。
 状況によって使い分けていきたい。

  • デュエルワンポイントレッスンにおいて、1話フライングで紹介された。

関連カード

―類似効果を持つモンスター

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:攻撃表示効果起動効果になり、守備表示効果永続効果になります。(10/12/02)

Q:攻撃力をアップする効果はこのカード以外の表側攻撃表示モンスターが3体以上存在したり、表側攻撃表示モンスター2体の他に守備表示モンスターが存在する時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/05/28)

Q:攻撃力をアップする効果表側攻撃表示の2体モンスター対象にとりますか
A:いいえ、対象にとりません。(09/05/06)

Q:このカード攻撃表示時の効果発動し、その効果解決時に何からの効果によってこのカード以外の2体のモンスターの内1体がフィールド離れていた場合、処理はどうなりますか?
A:チェーン処理により、表側攻撃表示で存在するこのカード以外のモンスター2体のうち1体が存在しなくなった場合であっても、フィールド上に存在する残り1体の攻撃力分、数値がアップします。(10/11/10)

Q:攻撃表示のときに効果発動し、その後《スキルドレイン》等で効果無効になった場合、他のモンスター攻撃できますか?
A:いいえ、その場合も他のモンスター攻撃できません。(11/03/12)


Tag: 《D・マグネンI》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 雷族 攻100 守100 ディフォーマー

広告