(ディフォーマー)・モバホン/Morphtronic Celfon》

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 100
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:サイコロを1回振り、
出た目の数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中からレベル4以下の「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体を選び、
召喚条件を無視して特殊召喚し、残りのカードはデッキに戻してシャッフルする。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
●守備表示:サイコロを1回振り、
出た目の数だけ自分のデッキの上からカードを確認して
元の順番でデッキの上に戻す。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。 

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した地属性機械族下級モンスター
 表示形式によって、デッキからディフォーマー特殊召喚する起動効果と、デッキカード確認する起動効果を得る。

 攻撃表示効果は、サイコロに依存するためやや不安定だが、ノーコストモンスターを展開することができる。
 運がよければこのカードを2体、3体と次々に展開していくことも可能。
 低い攻撃力を晒してしまう点が痛いものの、【ディフォーマー】にとっては攻防の起点であり、必須カードである。
 同じくサイコロを使用する《D・スマホン》も併用する場合、成功率を上げる《出たら目》を併用してもよいかもしれない。

 守備表示効果は、あくまでデッキカード確認するのみ。
 《魔導書整理》のようにカードの順番を入れ替える事はできない点は注意。
 ただデッキトップは必ず確認できるので、《リチュア・ディバイナー》《デーモンの宣告》コンボになる。

 《機械複製術》デッキから特殊召喚することが可能。
 自身の効果も合わせてディフォーマーの大量展開が望める。
 《D・スコープン》を呼び出せれば更なる展開も期待できるので積極的に狙っていきたいところ。
 《ワン・フォー・ワン》にも対応しており、通常召喚をする事なく大量のディフォーマーを展開することも可能。
 効果使用後はエクシーズ素材にするなどして、ダメージを避けておきたい。
 地属性なので、《ミセス・レディエント》リンク素材になり、シンクロモンスターの展開を補助することも可能。

  • その姿・形は「携帯電話 (Mobile Phone)」になっている。
  • アニメARC-V第57話において、胡桃沢がこのモンスターの玩具を販売していた。
    このモンスターのみ収納形態(携帯電話の状態)、他の2体が変形後の状態だったことから、収納形態から変形させられる玩具のようだ。

関連カード

―《D・モバホン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:攻撃表示の時に効果使用しました。
  その後、守備表示へと変更した場合、そのターン中に守備表示効果も使う事ができますか?
A:できます。(08/07/19)

Q:攻撃表示の時に効果使用しました。
  《エネミーコントローラー》チェーンされて効果解決時守備表示になった場合も、効果は有効ですか?
A:有効です。(08/07/19)

Q:めくるカード相手確認しますか?
A:確認します。(08/08/05)

Q:自分デッキレベル4以下のディフォーマーが存在しない時に、攻撃表示の時の効果発動することができますか?
A:はい、発動できます。(14/11/16)

Q:デッキの枚数が6枚未満でも発動できますか?
A:はい、発動できます。
  サイコロの目の数がデッキの枚数より多くなった場合、全てのデッキめくり効果処理を行います。
  ただし、デッキの枚数が0枚の時は発動自体できません。(08/09/11)

Q:攻撃表示の時に効果使用しました。
  この時、めくったカードの中にディフォーマーと名のついたモンスターが存在しない場合どうなりますか?
A:その場合、めくったカードを全てデッキに戻してシャッフルします。

Q:攻撃表示の時に効果を使用しサイコロの1の目が出た事でデッキの一番上からディフォーマー特殊召喚した場合、戻すカードがないためシャッフルしませんか?
A:その場合でもデッキシャッフルします。(09/05/04)

Q:《群雄割拠》《天変地異》発動している状態で、デッキトップ機械族ディフォーマーであることが明らかな場合、《D・モバホン》の攻撃表示での効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/05/25)


Tag: 《D・モバホン》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 機械族 攻100 守100 ディフォーマー

広告