D−HERO(デステニーヒーロー) ダイハードガイ/Destiny HERO - Captain Tenacious》

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する時、
このカードを除く自分フィールド上の「D−HERO」と名のついたモンスターが
戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのモンスター1体を次の自分のスタンバイフェイズ時に
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 D−HEROの一体であり、同じD−HERO蘇生させる誘発効果を持つ。

 蘇生効果持ちモンスターだが、自身のステータスが低くこちらが狙われるのは明白。
 《ガリトラップ−ピクシーの輪−》《オレイカルコスの結界》なら使い減りせずに他のD−HERO攻撃対象にさせて、このカード蘇生に繋げられる。
 また、このカード2体以上と《暗黒の扉》が揃えば、2回攻撃可能なモンスター以外は戦闘では突破できないになる。
 しかし、そうまでして耐性を付けても、D−HERO蘇生戦闘破壊でのコンボを狙えるのは《D−HERO デビルガイ》《D−HERO ドゥームガイ》(と禁止カード《D−HERO ディスクガイ》くらい。)
 これらのカードにしても、《リビングデッドの呼び声》《強化蘇生》特殊召喚を狙った方が安全だろう。

 効果の都合上、出しておけば他のD−HEROへの攻撃を抑制する役割を期待できるかもしれない。

  • 「ダイハード(Die hard)」とは「なかなか死なない」という意味である。
    しかし、サポートなしでは簡単に死んでしまうのが現実である。
    つまり、なかなか死なないのは味方であって彼ではない。
    英語名は直訳すると「しぶとい隊長」といった感じになる。

関連カード

―このカードの効果特殊召喚できないD−HERO

収録パック等

FAQ

Q:自分が、「自分の《D−HERO ダイハードガイ》」と「《強制転移》によってコントロールを得た《D−HERO ダガーガイ》」をコントロールしています。
この時、相手《D−HERO デビルガイ》攻撃され「相手持ち主自分コントロールしている」《D−HERO ダガーガイ》戦闘によって破壊されました。
次の自分スタンバイフェイズ時に前のターン戦闘によって破壊された相手墓地にある《D−HERO ダガーガイ》自分フィールド上に特殊召喚することは可能ですか?
A:はい、可能です。(10/07/03)


Tag: 《D−HERO ダイハードガイ》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 戦士族 攻800 守800 HERO D−HERO

広告