D−HERO(デステニーヒーロー) ドゥームガイ/Destiny HERO - Fear Monger》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、
次の自分のスタンバイフェイズ時に発動する。
自分の墓地から「D−HERO ドゥームガイ」以外の
「D−HERO」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。

 POWER OF THE DUELISTで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 D−HEROの一体であり、戦闘破壊によって墓地へ送られた場合にD−HERO蘇生する誘発効果を持つ。

 レベル等の制限がないので選択肢の幅が広く、【D−HERO】下級モンスターとしてはほぼ必須カードとなる。
 蘇生可能な中で最高の攻撃力を持ち、蘇生することで特殊召喚効果を再使用できる可能性が生まれる《D−HERO ダッシュガイ》対象として特に有力である。
 他にも、《D−HERO ドレッドガイ》《D−HERO ダイヤモンドガイ》《D−HERO デビルガイ》等をフィールドの状況に合わせて蘇生すると良い。
 先に融合召喚された《D−HERO ディストピアガイ》特殊召喚時にバーン効果発動ステータスも高いのでフィニッシャーになり得る。

 戦闘破壊されなければならないので、《ピラミッド・タートル》《ロードポイズン》と同様に相手に警戒されやすいことが悩みとなる。
 セットによる攻撃待ちは、《D−HERO ディフェンドガイ》の存在もあって相手攻撃を渋る可能性も考えられる。
 また蘇生させるタイミングが戦闘破壊された後の次の自分スタンバイフェイズと特殊であり、この点は有利にも不利にも働く。
 確実に自分ターン特殊召喚できるため、相手からの除去を受けづらいことが利点であることに対し、特殊召喚までに間が開くため防御が手薄になることが主な難点となる。
 自爆特攻フィールドを開けてしまうため攻撃を受けやすくなるほか、《強制転移》特殊召喚までタイムラグがあるため他の同系統のモンスターほど相性は良くない。

  • Doomとは「(不吉な)運命」「破滅」「(世界の)終焉」といった意味である。
    《D−HERO デビルガイ》英語名が「Doom Lord(終焉の主)」であるためか、このカード英語名にはDoomが使われていない。
    ちなみに「Fear Monger」を日本語に訳すと「恐怖の売り手」となる。
  • アニメでのイラストは赤光が強く、背景も異なっていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:蘇生対象を選択するのは、戦闘破壊されたときですか?スタンバイフェイズですか?
A:スタンバイフェイズです。

Q:スタンバイフェイズ時に発動するこのカードの効果チェーンをして《D.D.クロウ》等を発動しこのカード除外し、効果解決時にこのカード墓地に存在しない時に効果適用されますか?
A:適用されます。(10/08/01)


Tag: 《D−HERO ドゥームガイ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1000 守1000 HERO D−HERO

広告