E・HERO(エレメンタルヒーロー) プラズマヴァイスマン/Elemental HERO Plasma Vice》

融合・効果モンスター
星8/地属性/戦士族/攻2600/守2300
「E・HERO スパークマン」+「E・HERO エッジマン」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
自分のメインフェイズ時に、手札を1枚捨てて発動できる。
相手フィールド上に攻撃表示で存在するモンスター1体を選択して破壊する。
また、このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した地属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、融合召喚でしか特殊召喚できない召喚ルール効果モンスター破壊する起動効果貫通永続効果を持つ。

 E・HERO融合モンスターの中でも攻撃力が高い。
 融合素材である《E・HERO エッジマン》から受け継いだ貫通効果のほか、汎用的なモンスター除去効果が魅力である。
 手札コストこそ必要だが回数制限がないのは大きな利点である。
 ただ、融合召喚手札を消耗しがちであり、むやみに手札コストを払っていると、状況を覆された時に痛い目を見ることがある。
 モンスター除去能力は《E−HERO ライトニング・ゴーレム》より劣るが、《E・HERO サンダー・ジャイアント》よりも全体的に使い勝手は良い。
 《E・HERO サンダー・ジャイアント》と違って守備表示モンスター破壊できないが、貫通効果があるのであまり問題ではないだろう。
 また、召喚条件の緩さでは《E−HERO ライトニング・ゴーレム》にも勝っている。

 融合素材代用モンスター融合素材に使う場合、《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》を優先的に融合召喚することが多い。
 戦闘破壊を妨害する効果を持つモンスター相手にする時や、《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》の大幅な攻撃力の上昇を見込めない場合等、状況に応じて選択したい。
 融合素材として墓地へ送った《E・HERO エッジマン》を、《リビングデッドの呼び声》等によって蘇生させることもできる。
 《E・HERO エッジマン》上級E・HERO手札デッキに残っていれば、《E・HERO ネクロダークマン》手札コストとして墓地へ送ることで召喚を補助できる。

  • アニメでは攻撃力が2800であり、カード名も《E・HERO プラズマ・ヴァイスマン》だった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《E・HERO プラズマヴァイスマン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 地属性 戦士族 攻2600 守2300 HERO E・HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告