E−HERO(イービルヒーロー) ヘル・ゲイナー/Evil HERO Infernal Gainer》

効果モンスター
星4/地属性/悪魔族/攻1600/守   0
自分のメインフェイズ1にこのカードをゲームから除外し、
自分フィールド上の悪魔族モンスター1体を選択して発動できる。
選択した自分の悪魔族モンスターはフィールド上に表側表示で存在する限り、
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時、
この効果を発動するために除外したこのカードを
自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した地属性悪魔族下級モンスター
 E−HEROの一体であり、自身を除外する事で悪魔族2回攻撃能力を付加する起動効果、その後除外した自身を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 悪魔族2回攻撃を付与可能であり、高攻撃力モンスターに使えば大ダメージを狙える。
 直接攻撃可能な《地縛神 Ccapac Apu》は特に相性が良く、6000ものダメージを狙える。
 《E−HERO ダーク・ガイア》《軍神ガープ》表示形式変更効果との相性も良い。
 攻撃回数が増えるため、《地獄将軍・メフィスト》等の戦闘ダメージ戦闘破壊トリガーとするカードとも相性が良い。

 しかし、自身を除外し、帰還は「発動後2回目のスタンバイフェイズ」とかなり先になる。
 帰還すればカードの消費自体は0になるのだが、デュエルの高速化が進んでいる環境では2ターンの間に勝敗が決するということも珍しくない。
 そのため短期的にはモンスターが減るのでディスアドバンテージになり、2回攻撃効果を付与したモンスターフィニッシャーとする運用が望ましい。
 自身の展開に召喚権を使う可能性も高いため、特殊召喚しやすいものを併用するか、ペンデュラム召喚なども併用したい。

 自身を除外するコストは場面によってはメリットとして扱える。
 例えば、《終焉の王デミス》《天魔神 ノーレラス》全体除去効果を回避でき、前者の場合は更に2回攻撃もできる。
 《魔族召喚師》効果蘇生し、即除外する事で因果関係も解消される。
 《D・D・R》などで帰還させれば、2体以上のモンスター2回攻撃能力を付与することも可能。
 コスト除外するため《スキルドレイン》無効にならず、2回攻撃適用されるのもメリットと言える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:2回攻撃を付与する効果起動効果スタンバイフェイズに自身を特殊召喚する効果誘発効果になります。(09/01/21)

Q:2回攻撃能力は、そのターンのみですか?
  それともそのモンスターフィールドにいる限り永続的ですか?
A:その悪魔族モンスター表側表示で存在する限り適用され続けます。(07/07/23)

Q:この効果《スキルドレイン》無効化されますか?
A:いいえ、無効化されません。

Q:相手プレイヤーコントロールが移った自分のこのカードの効果相手発動した場合、どちらのフィールド上に特殊召喚されますか?
A:自分から数えて2回目のスタンバイフェイズ自分フィールド上に特殊召喚されます。(07/08/15)

Q:効果《天罰》無効にされた場合、2ターン後に帰ってきますか?
A:この場合は、自身の効果では帰還できません。

Q:このカードの効果フィールド以外の場所で発動する事はできますか?
A:いいえ、できません。


Tag: 《E−HERO ヘル・ゲイナー》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 悪魔族 攻1600 守0 HERO

広告