EM(エンタメイト)トランポリンクス/Performapal Trampolynx》

ペンデュラム・効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻 300/守 300
【Pスケール:青4/赤4】
「EMトランポリンクス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がP召喚に成功した時、
自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した地属性獣族下級ペンデュラムモンスター
 ペンデュラム召喚に成功した時にペンデュラムゾーンカード1枚をバウンスするペンデュラム効果召喚に成功した時にペンデュラムゾーンカード1枚をバウンスする誘発効果を持つ。

 発動条件は異なるもののペンデュラム効果モンスター効果の両方でペンデュラムゾーンに対するバウンスを行うことが可能。
 相手ペンデュラムモンスターバウンスしても恩恵が乏しいため、自分ペンデュラムモンスターバウンスする事でコンボを狙う事になる。
 デメリットペンデュラム効果を持つペンデュラムモンスターバウンスすれば、ディスアドバンテージなくデメリットを解除できる。
 1ターンに1度発動、もしくはペンデュラムゾーンに存在する限り1度だけ発動できるタイプのペンデュラム効果を持つカードバウンスし、効果を2度使うのも有効である。

 特にクリフォートと相性がよく、このカードクリフォートペンデュラム召喚を行った後にペンデュラムゾーンクリフォートバウンスする事で、クリフォートの持つ「クリフォート以外特殊召喚できない」ペンデュラム効果を無視してシンクロ召喚エクシーズ召喚ができる。
 《クリフォート・ツール》バウンスして再度ペンデュラムゾーンに置けば、サーチ効果を1ターンに2度使用できる。

 多くのデッキで主力となるレベル4をペンデュラム召喚できないスケール4のため、上級モンスター主体のクリフォート以外の有効な相方は乏しい。
 【EM】ではスケールの都合上レベル2・3しかペンデュラム召喚できず、主要なサーチ要員である《EMペンデュラム・マジシャン》ペンデュラム召喚できない。
 また、ペンデュラムゾーンカード破壊して同名カードサーチする《竜剣士ラスターP》は、このカードとほぼ同じ使い方ができる。
 発動タイミングの自由度、エクストラデッキを肥やせる点、素材としての適性などを考慮すると、《竜剣士ラスターP》の方が使いやすいデッキが多い。

  • 「リンクス(Lynx)」は英語でヤマネコを意味する。
    その名の通り、胴体がトランポリンとなった猫のようなモンスターである。
  • 召喚時の口上は「お邪魔なやつは跳ね返せ!《EMトランポリンクス》!」。
    その口上の通りというべきか、直接攻撃時には北斗を胴体のトランポリンで包み込んだ後その場から遠くに跳ね飛ばすという風変わりな攻撃方法をしていた。
  • シンクロ次元の収容所を脱出する際には、衝撃を吸収する体と弾力の良さを活かして遊矢たちの脱出を手助けしている。

関連カード

―《EMトランポリンクス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《EMトランポリンクス》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星2 地属性 獣族 攻300 守300 スケール4 EM

広告