EM(エンタメイト)五虹(ごこう)魔術師(まじゅつし)/Performapal Five-Rainbow Magician》

ペンデュラム・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 100/守 100
【Pスケール:青12/赤12】
(1):自分はEXデッキからしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):お互いは自身の魔法&罠ゾーンにセットされているカードの数により以下を適用する。
●0枚:自分フィールドのモンスターは、攻撃できず、効果を発動できない。
●4枚以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力は元々の数値の倍になる。
【モンスター効果】
(1):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた場合に発動できる。
墓地のこのカードを自分のPゾーンに置く。

 COLLECTORS PACK 2017で登場した光属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 ペンデュラム召喚を制限するペンデュラム効果魔法&罠ゾーンセットされたカードの数に応じて攻撃効果の制限または全体強化を行うペンデュラム効果魔法・罠カードセットされた場合に自身を墓地からペンデュラムゾーン置く事ができる誘発効果を持つ。

 ペンデュラムスケールは12と非常に大きいが、エクストラデッキからしかペンデュラム召喚できないというデメリットがあるため、事実上ペンデュラムモンスターしかペンデュラム召喚出来ない。
 手札からペンデュラム召喚できないため、2体以上のペンデュラム召喚を行うためにはリンクモンスターの併用が必須となる。
 融合・シンクロ・エクシーズのいずれかにも属するペンデュラムモンスターエクストラデッキからしかペンデュラム召喚できないため、それらを出す場合はデメリットはないも同じ。
 EM魔術師カテゴリに属するのでフィールドに出すタイミングは選びやすい。
 《法眼の魔術師》ペンデュラムスケールをコピーするという手もあり、《ペンデュラム・コール》であれば2枚を同時にサーチすることが可能。
 (2)の効果を目当てにそもそもペンデュラム召喚しない構築にするのも良い。

 (2)のペンデュラム効果は、セットされた魔法・罠カードの枚数に応じてお互い適用される効果
 0枚の場合は攻撃を行えず、効果の発動ができなくなる効果
 漠然と使用した場合、相手手札から通常魔法を1枚セットするだけでロックが解除されてしまう。
 相手セットを強要する効果とみなし、そのセットされたカード《サイクロン》《鳳凰》などで狙い撃ちする手もある。
 相手バトルフェイズ中に《サイクロン》などで相手伏せカード除去すれば攻撃を封じて思惑を外させることも狙える。
 また、セットを抑制する《ダーク・シムルグ》コンボすれば拘束力は上がり、《魔封じの芳香》も併用できれば魔法・罠カードおよびモンスターの行動を封じる強固なロックとなる。
 《The suppression PLUTO》《餅カエル》相手魔法・罠カードを奪うことで4枚以上の効果を狙うのも面白い。

 また、発動できなくなるデメリットを利用し、デメリット効果発動を封じる手もある。
 時械神デッキバウンスを封じるには特に都合が良く、フリーチェーン魔法・罠カードセットして攻撃し、相手ターンに使用してスタンバイフェイズセットカードを0にすれば維持できる。
 同様に、スピリット特殊召喚された《オベリスクの巨神兵》など、チェーンブロックを作り自壊するモンスターの維持に利用できる。
 《閃光を吸い込むマジック・ミラー》および《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》が使えない光属性闇属性以外に対してなら、このカードを使うのも手だろう。
 自分ターンでのデメリット効果発動を封じる場合、《トゥーンのもくじ》などのサーチドローを行う通常魔法を採用しておくと、0枚時の効果の適用のタイミングを制御しやすくなる。

 4枚以上の場合は全てのモンスター攻撃力元々の攻撃力の倍になる全体強化
 自分ペンデュラム召喚を行う場合、ペンデュラムモンスター魔法&罠ゾーン2か所が埋まってしまうので、そのままではこの効果適用できない。
 ペンデュラム召喚をそもそも行わないか、自壊する効果を持つペンデュラムモンスターを併用する必要がある。
 《黒牙の魔術師》《虹彩の魔術師》なら自壊しつつ全体強化を活かしやすい。
 この効果の適用に成功しても、攻撃宣言時に相手《サイクロン》を1発撃つだけで効果の適用がなくなり、攻撃力が元に戻って返り討ちにあってしまう危険性もある。
 相手ペンデュラムモンスターを利用しないデッキだった場合は相手全体強化を補助してしまう。
 とはいえ、裏を返せば相手適用された場合の解除が容易ということでもあるため、伏せカード破壊を狙えるようにしておけば相手が利用しにくくはある。
 ただ、2倍という大幅な全体強化が行えるとはいえ、このカード以外に4枚の魔法・罠カードモンスターを用意するのはかなりの手間であり、強化値が小さくとも他の消費の少ない全体強化カードを使った方がいい場合もあるだろう。

 モンスター効果は、魔法・罠カードセットされた場合に、自身を墓地からペンデュラムゾーン置く効果
 墓地から自己サルベージできる効果自体は便利であるが、このカードペンデュラムモンスターである為、手札コスト墓地肥やしで能動的に墓地へ送る手段が求められる。
 汎用性の高い効果のため腐りにくく発動した後に再度セットされる《くず鉄のかかし》墓地からセットする効果を持つ《迷い風》とは相性が良い。
 《プロキシー・ドラゴン》《ディフェンスゾーン》で守ればデメリット適用を防ぎやすくなる。

 手札からペンデュラム召喚できないデメリットや「4枚以上」の効果ペンデュラム召喚との相性の悪さから、【EM】【魔術師】でも扱いづらさは否めない。
 唯一のレベル魔術師ペンデュラムモンスターなので、《調弦の魔術師》レベル5のシンクロ召喚が可能になる点で差別化できるが、エクストラデッキの圧迫を考えるとこれだけでは厳しい。
 むしろ、【ペンデュラム召喚】よりは「0枚」の効果を活用できるようなコントロールデッキとの相性がよいだろう。
 デメリットの都合上カードセットすることが半ば強要される《命削りの宝札》とは相性が比較的良く、【メタビート】等で低ステータスモンスター強化できれば優位に働く。

 伏せカードを増やすメタルフォーゼペンデュラム効果とは相性が良い。
 ペンデュラム効果トークンなどを破壊して伏せカードを増やせばディスアドバンテージを抑えつつ「4枚以上」の効果を利用できる。
 貫通ダメージを倍にする《メタルフォーゼ・オリハルク》を併用すれば最大で元々の攻撃力の4倍のダメージを与えることも可能。
 ペンデュラムゾーンメタルフォーゼ破壊してもエクストラデッキからの特殊召喚になるため、(1)のペンデュラム効果の制約も気になりにくい。
 ペンデュラムゾーンメタルフォーゼをどかす必要はあるが、《EMペンデュラム・マジシャン》破壊しつつこのカードサーチに繋いだり、《ペンデュラム・フュージョン》融合素材にすることも狙える。

  • 日本では虹は7色という考えが一般的だが、地域や時代によって虹の色の数え方は異なる。
    ドイツや中国では5色と見なすことが多く、日本でも古くは5色と捉えていたとされる資料もある。
    虹は弧を描いており、フランス語で「arc-en-ciel」と言うことから5つの虹でARC-Vを意味しているとも思われる。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    【ペンデュラム効果】
    お互いのプレイヤーはそれぞれ以下の効果を得る。 
    (1):自分がカードをセットした場合に発動する。
    そのターンを終了する。
    (2):自分がドローフェイズ以外でカードを手札に加えた場合に発動できる。
    そのカードをセットする。
    (3):自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードが4枚以下の場合、
    自分はドローフェイズをスキップできる。
    スキップしなかった場合、自分はターン終了時まで魔法・罠カードをセットできない。
    (4):自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードが4枚以下の場合、
    自分フィールドのモンスターの攻撃力は0になり、
    攻撃できず、効果を発動できない。
    (5):自分の魔法&罠ゾーンにセットされたカードが5枚の場合に発動できる。
    このカードの(1)(2)の効果の発動を無効にする。
    その後、自分フィールドの全てのモンスターの元々の攻撃力は倍になる。
    【モンスター効果】
    (1):お互いのプレイヤーはそれぞれ自身のモンスターゾーンにPモンスターが5体存在する場合、
    以下の効果を得て発動できる。
    ●自分フィールドの全てのモンスターの元々の攻撃力は倍になり、直接攻撃できない。
    このままでは流石に拘束力が強すぎてデュエルが停滞化しかねないので、OCGでは全体的に拘束力が弱まり、モンスター効果は全く別物になっている。
    また、ペンデュラムゾーン魔法&罠ゾーンが一体化した新マスタールールに合わせるためか、(5)の効果に相当する効果が4枚以上となっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《EM五虹の魔術師》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星1 光属性 魔法使い族 攻100 守100 スケール12 EM 魔術師

広告