(ヒロイック)(チャレンジャー) サウザンド・ブレード/Heroic Challenger - Thousand Blades》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1300/守1100
「H・C サウザンド・ブレード」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、手札から「ヒロイック」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ヒロイック」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードを守備表示にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヒロイック」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、戦闘・効果で自分がダメージを受けた時に発動できる。
このカードを墓地から攻撃表示で特殊召喚する。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した地属性戦士族下級モンスター
 手札ヒロイックコストデッキからヒロイックリクルートする起動効果ダメージを受けた時に自身を墓地から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)の効果は、特殊召喚先もコストも限定されており、基本的に【ヒロイック】で運用することとなる。
 ヒロイックしか特殊召喚できなくなるが、レベル4のヒロイックを出せば1ターンランク4のエクシーズ召喚につなげられる。
 その場合、エクシーズ召喚時にエクシーズモンスターを強化する《H・C エクストラ・ソード》リクルート先の筆頭となる。

 それ以外では表示形式に制限が無いことから《H・C 強襲のハルベルト》リクルートしてそのまま戦闘に参加させることが可能。
 レベル制限が無いため、上級モンスター《H・C ウォー・ハンマー》特殊召喚できる。
 《H・C 強襲のハルベルト》のように戦闘エクシーズ素材には使えないが、サーチに即効性のある《H・C クラスプ・ナイフ》も選択肢の1つである。
 同名カードリクルートでき、手札コストが許す限りこのカード特殊召喚し続けることでフィールドH・Cで埋め尽くすこともできる。
 このため、3つ以上の素材を得た《No.86 H−C ロンゴミアント》エクシーズ召喚を狙うことも難しくない。

 手札コストには《H・C ダブル・ランス》《H・C アンブッシュ・ソルジャー》蘇生対象等が後のアドバンテージに繋げやすい。
 また、ヒロイックであればカードの種類を問わないため、《ヒロイック・チャンス》等もコストに充てられる。

 (2)の自己再生効果戦闘ダメージだけでなく、カードの効果ダメージを受けた時にも発動できる。
 こちらの効果は単体でも十分活用できるため、【ヒロイック】に限らずあらゆるデッキに単独で投入できるだろう。
 同じタイミングで特殊召喚が可能な手札誘発モンスター《BK ベイル》《ガード・ペンギン》などとは非常に相性が良く、即座にエクシーズ召喚の体制が整えられる。
 墓地に1枚あるだけでとして毎ターン二回目以降の戦闘ダメージを軽減できるが、発動回数に制限がかかっていることには注意したい。

 しかし、相手が劣勢になり守りを固めた場合など、自己再生したいがダメージが発生しない場合も少なくない。
 その場合は自爆特攻自分カードの効果によるダメージ自己再生を狙うと良い。
 同様に自己再生でき、その際にダメージが発生する《BF−精鋭のゼピュロス》《Emトリック・クラウン》とは好相性で、エクシーズ召喚を即座に狙える。
 《火炎地獄》《黒蛇病》等は相手ダメージを与えつつ、このカードトリガーとなる。
 ただし、《黒蛇病》は毎ターン自分スタンバイフェイズに必ず発生し、ダメージが増加するため、デュエルが長引くと自分の首を絞めかねない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ヒロイック特殊召喚する処理と守備表示にする処理は同時ですか?
A:はい、同時です。(14/04/21)

Q:このカードが表側守備表示の時、(1)の効果を発動できますか?
A:いいえ、攻撃表示でなければ発動できません。(14/04/21)

Q:「ヒロイックモンスター以外のモンスター特殊召喚したターンでも(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/10/18)

Q:このカード墓地に存在する時に(2)の効果ダメージステップ効果ダメージを受けた時に発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)

Q:このカード戦闘破壊され、ダメージを受けた場合、戦闘破壊されたこのカード自身を特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(14/04/19)


Tag: 《H・C サウザンド・ブレード》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1300 守1100 H・C ヒロイック

広告