HSR(ハイスピードロイド)マッハゴー・イータ/Hi-Speedroid Hagoita》

シンクロ・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻2000/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「HSRマッハゴー・イータ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
フィールドの全ての表側表示モンスターのレベルはターン終了時まで1つ上がる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「スピードロイド」チューナーが存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した風属性機械族シンクロモンスター
 フィールドモンスターレベルを1上げる誘発即時効果スピードロイドチューナーが存在する場合に自己再生する起動効果を持つ。

 レベル5のスピードロイドシンクロモンスターには、ステータスは同じだが攻撃に特化した効果を持つ《HSRチャンバライダー》がいる。
 こちらの効果は単体で使うものではなく、連続シンクロ召喚コンボ向けの効果なので、それらを狙うことになるだろう。

 (1)の効果は全てのモンスターレベルを1つ上げる効果
 相手モンスターレベルを変更させてシンクロ召喚エクシーズ召喚を妨害したり、自分シンクロ召喚レベル調整等に使うことになる。
 しかし、折角シンクロ召喚した自身をリリースするというコストのため気軽に使える効果ではない。
 基本的には、(2)の効果へと繋ぐことを前提として使用することになるだろう。
 都合上サクリファイス・エスケープしつつ相手の妨害も出来るため、セットカードは気になるが、攻撃はしたいと言う状況では比較的気軽にシンクロ召喚できるシンクロモンスターと言える。
 《リビングデッドの呼び声》等と組み合わせれば追撃も行えるのが強みである。

 (2)の効果スピードロイドチューナーがいるだけで自己再生できる効果
 風属性しか特殊召喚できないという誓約がつくが、除外される等のデメリットがないので、墓地にある限り毎ターン使用できる。
 (1)の効果と同一ターン発動できるので、高レベルシンクロ召喚も容易に行うことができる。
 《HSR魔剣ダーマ》自己再生とも干渉しないので、《SR赤目のダイス》特殊召喚して《HSR魔剣ダーマ》レベルを操作しこのカード自己再生すれば、《ミスト・ウォーム》ランク5のエクシーズ召喚に繋げられる。

 (1)の効果だけでもエクシーズ召喚を妨害しやすく、エクシーズ召喚主体のデッキには刺さる
 相手によっては、後続のシンクロ召喚をせずに、スピードロイドチューナーを守って毎ターン妨害するのも一つの戦術だろう。

  • モチーフは、羽根つきで使う「羽子板」だろう。
    カード名は「マッ『ハゴー・イータ』」→「ハゴイタ」→「羽子板」となっており、周囲には羽根を模した物体も見られる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《HSRマッハゴー・イータ》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星5 風属性 機械族 攻2000 守1000 ロイド スピードロイド

広告