No.(ナンバーズ)75 惑乱(わくらん)のゴシップ・シャドー/Number 75: Bamboozling Gossip Shadow》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/風属性/魔法使い族/攻1000/守2600
レベル3モンスター×2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、
このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
その効果は「お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする」となる。
(2):このカード以外の自分フィールドの「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする
(このカードがX素材を持っている場合、それらも全て重ねてX素材とする)。

 COLLECTORS PACK 2018で登場した風属性魔法使い族エクシーズモンスター
 相手モンスター発動した効果を「お互いプレイヤーがそれぞれ1枚ドローする効果」に変える誘発即時効果、自身及び自身が保持するエクシーズ素材を他のNo.エクシーズ素材にする起動効果を持つ。

 (1)は相手モンスター発動した効果を「お互いに1枚ドローする効果」に書き変える効果
 実質的に「お互いドローする代わりに、発動したモンスター効果無効にする効果」と捉えて差し支えない。
 魔法・罠カードには無力であり、効果モンスター破壊できる訳ではないので根本的な解決にはならない。
 とはいえ、優勢時や様子見でとりあえずフィールドに出し、相手効果モンスターを牽制できる汎用ランク3は貴重である。

 (2)は自身を他のNo.エクシーズ素材にする効果
 基本的には、(1)の効果を使った後に、エクシーズ素材のなくなった自身をエクシーズ素材にしてしまうのが良いだろう。
 ディスアドバンテージは大きいが、自身のエクシーズ素材も一緒にエクシーズ素材にできるため、いきなりこちらを使っても完全な無駄にはならない。
 対象となるNo.ランクに制限はないが、このカードと同じランクNo.には、積極的にエクシーズ素材を増やしたいカードはいない。
 加えて、新マスタールール下ではリンクモンスターを使わないと複数のエクシーズモンスターを並べられず、若干使いづらさが目立つ。
 ランク4も併用するデッキならば《No.86 H−C ロンゴミアント》《SNo.0 ホープ・ゼアル》のサポートになるか。
 【六武衆】は展開力が高くレベル3・4の戦士族が中心のデッキなので、前者とのコンボによる制圧盤面を作る目的で採用が検討できる。
 (なお《No.86 H−C ロンゴミアント》は3つ以上のエクシーズ素材を持つと効果を受けない耐性を持つため、この効果適用するにはエクシーズ素材2つ以下の場合に限られる。)
 《エクシーズ・リボーン》蘇生してエクシーズ素材がない・少ないNo.に使うのも手。
 《刻剣の魔術師》No.除外し、エクシーズ素材のない状態で戻ってきた後、他にレベル3を出せばこのカードエクシーズ召喚でき、そのNo.に素材を補充できる。

  • イラストでは、左胸に自身のナンバーである「75」が描かれている。
    また、背景には3体のNo.の影が浮き出ている。
  • 「ゴシップ(gossip)」とは噂話という意味。
    報道の世界などでは特に有名人の悪い噂を指すことが多い。
    • 英語名の「bamboozling」は欺く・騙すという意味の「bamboozle」の現在進行系である。

関連カード

効果を変える効果を持つカード《闇の取引》を参照。

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク3 風属性 魔法使い族 攻1000 守2600 No.

広告