SIMM(シム)タブラス》

効果モンスター
星5/闇属性/サイバース族/攻   0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せ、
自分の墓地のサイバース族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
リンク状態の自分のリンクモンスターのリンク先となる
自分フィールドにこのカードを手札から特殊召喚し、
対象のモンスターを手札に戻す。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した闇属性サイバース族上級モンスター
 手札からリンク状態リンクモンスターリンク先特殊召喚し、墓地レベルサイバース族サルベージする起動効果を持つ。

 《フォーマッド・スキッパー》サーチが効き、自己特殊召喚が可能なので展開補助に優れる。
 さらに墓地からサルベージまで行え、そのモンスターを追加で出すことも狙える。

 ただし、その効果発動には「リンク状態自分リンクモンスターリンク先が空いている」という条件が必要となる。
 下方向(右下・下・左下)にリンクマーカーが2つ以上向いているリンクモンスターEXモンスターゾーンに出し、そのリンク先の一方にモンスターを用意する方法が簡単だろう。
 《水晶機巧−ハリファイバー》ならば、上記の状況を簡単に作り出せ、《ドラコネット》1枚で準備ができる。

 下方向に1つしかリンクマーカーがのびていないモンスターEXモンスターゾーンに出し、そのリンク先に左右いずれか(あるいは両方)のリンクマーカーを持つリンクモンスターを出すという手もある。
 【サイバース族】ならば、リンク1の《リンク・ディサイプル》などのリンク先に同じくリンク1の《セキュア・ガードナー》を用意することで条件を満たせる。

 EXモンスターゾーンの正面のモンスターゾーンモンスターが存在するならば、EXモンスターゾーンに上下のリンクマーカーを持つリンクモンスターを出せばこの状況を作り出せる。
 壊獣EXモンスターゾーンの正面に送りつけるのも手。

 また、墓地レベル4のサイバース族モンスターが存在している必要もある。
 とはいえ、こちらの条件はデッキレベルサイバース族を多めに採用すれば、フィールドリンクモンスターを揃える過程で自然と満たせるだろう。
 《サイバース・ガジェット》は相性が良く、あちらの釣り上げ効果トークン生成によりリンク2+モンスター1体という状況を作りつつ、墓地レベルサイバース族を用意できる。

  • カード名の「SIMM(シム)」とは「Single In-line Memory Module」の略で、パーソナルコンピューターにおいて、RAMとして使用されるメモリモジュールの一種である。
    「タブラス」は、姿が動物のバクに似ていることからバク属を表す「Tapirus」、サイバース族であることからブラウザの「タブ」もしくはコンピューターの「タブレット端末」を重ねていると思われる。

レベル4のサイバース族モンスター

収録パック等


Tag: 《SIMMタブラス》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 サイバース族 攻0 守1800

広告