SPYRAL(スパイラル)−ザ・ダブルヘリックス/SPYRAL Double Helix》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/戦士族/攻1900
「SPYRAL」モンスター2体
【リンクマーカー:左/下】
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「SPYRAL−ダンディ」として扱う。
(2):カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、
自分のデッキ・墓地から「SPYRAL」モンスター1体を選び、
手札に加えるかこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 EXTRA PACK 2017で登場した地属性戦士族リンクモンスター
 フィールド墓地カード名《SPYRAL−ダンディ》として扱うルール効果相手デッキの一番上を当てる事でSPYRALモンスター1体をサーチサルベージするかリンク先リクルート蘇生する起動効果を持つ。

 リンク素材にはSPYRALが指定されている。
 リンクマーカーは左と下であり、どちらのモンスターゾーン特殊召喚しても(2)の効果発動できる。

 (1)は《SPYRAL−タフネス》と同じ、《SPYRAL−ダンディ》として扱う効果
 長所・短所も同様だが、こちらはエクストラデッキから特殊召喚出来る点が異なる。
 《SPYRAL−ダンディ》デッキ回転の軸でもあるため、その代理となるカードSPYRALモンスターを2体展開するだけで確保できるのは大きい。
 特に《SPYRAL−ダンディ》が存在する場合に自己再生でき、このカードリンク素材になる《SPYRAL−ジーニアス》とは相性が良い。
 ただし消費がやや増える割に攻撃力は本家と同じなので、あちらのサーチ手段がある場合はどちらを優先するか良く考えたい。

 (2)の効果カードの種類宣言し、相手デッキトップがそのカードであればSPYRALモンスター1体のサーチサルベージリクルート蘇生のいずれかを行える効果
 SPYRALモンスターであればレベルは関係なく、手札加える特殊召喚するかを選べる等柔軟性も高い。
 最上級モンスターであり、フィールドに出しにくかった《SPYRAL−グレース》特殊召喚できるのは大きな利点である。
 基本的にはリクルート蘇生優先だが、エクストラデッキモンスター《SPYRAL−ボルテックス》特殊召喚を狙う場合はサーチサルベージも選択肢に入る。
 リンク召喚分のディスアドバンテージを即座に回復出来るので、《SPYRAL−ダンディ》《SPYRAL GEAR−ドローン》ピーピングを行うなどして積極的に発動していきたい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《SPYRAL−ザ・ダブルヘリックス》 モンスター 効果モンスター リンクモンスター リンク2 地属性 戦士族 攻1900 SPYRAL

広告