SPYRAL(スパイラル)−ダンディ/SPYRAL Super Agent》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1900/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが「SPYRAL」カードの効果で特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 EXTRA PACK 2017で登場した地属性戦士族下級モンスター
 相手デッキの一番上を当てることで自身を特殊召喚する起動効果SPYRAL効果特殊召喚に成功した場合に魔法・罠除去を行う誘発効果を持つ。

 (1)の効果カードの種類宣言し、相手デッキトップがそのカードであれば自身を手札から特殊召喚する効果
 ピーピングを行わない場合当たる確率は三分の一であり、外した場合は相手デッキトップ確認するに留まる。
 とは言え外した所でデメリットも無く、当たれば(2)の効果に繋がるので積極的に狙っていいだろう。
 ピーピングしたカードはそのまま戻すため、当たり外れを問わず相手の次のドローを把握出来る。
 また、《SPYRAL−ザ・ダブルヘリックス》効果に繋げて成功させる事も可能。
 確実に成功させたい場合は《SPYRAL GEAR−ドローン》等によるデッキトップ操作の他、消費はかさむが《鳳翼の爆風》等によるバウンスも有効。
 また、全ての種類のカードを満遍なく投入したデッキはあまり多くなく、デュエルが進めば相手デッキによっては選択肢をある程度絞り込める。
 似た効果を持つ《SPYGAL−ミスティ》《SPYRAL−タフネス》と違いフィールドに出す必要が無いため、これら2枚とは相互にサポートし合える点で相性が良い。

 (2)の効果SPYRALカード効果特殊召喚された場合に発動する魔法・罠除去
 このカード自身もSPYRALなので、(1)の効果特殊召喚に成功すれば即座にアドバンテージを得られる。
 ただし他のSPYRALモンスターがいずれも低ステータスであるため、《奈落の落とし穴》チェーンされる可能性がある点には注意したい。

 一部のSPYRALモンスター効果に名指しで指定されており、SPYRALの中でも受けられるサポートの種類は特に豊富。
 他の関連モンスターが全て低攻撃力という事もあり、SPYRALを軸としたデッキでは必然的に主力となる。
 逆に言えばこのカードが無ければサポートカードの殆どが腐ってしまうため、サーチリクルートサルベージを駆使して素早く展開していきたい。

  • 英語名の「エージェント(Agent)」は一般に「代行者・代理人」を指す言葉だが、SPYRALのモチーフを考えればこの場合は「スパイ」が適訳だろう。
    カード名の由来を同じくするカードには《エクシーズ・エージェント》がある。
    スパイは諜報以外にも情報や組織の「サボタージュ(破壊工作)」を任務として兼任している事があり、このカード効果もそれらを意識したものと思われる。
    • 一方、日本語名の「ダンディ(Dandy)」は「洒落男・伊達男・きざな男」や「素晴らしい(人)物・一級品」の意味の他にお洒落や美意識にこだわる男性に対する形容表現としても用いられていることが多い。
  • キャラクターとしてはイアン・フレミング原作のスパイ小説の主人公、「007」ことジェームズ・ボンドがモデルか。
    数々のハイテクメカと知識・技術を駆使して任務を遂行する超人的なエージェントであり、架空のスパイでは最も名を知られる人物の一人である。

関連カード

―《SPYRAL−ダンディ》に関する効果を持つカード

―《SPYRAL−ダンディ》の姿が見られるカード

このカード特殊召喚できるSPYRAL

  • 《SPYRAL−ダンディ》

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《SPYRAL−ダンディ》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1900 守1200 SPYRAL

広告