Sin(シン) 青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)/Malefic Blue-Eyes White Dragon》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
デッキから「青眼の白龍」1体を除外した場合に特殊召喚できる。
「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合、このカードを破壊する。 

 週刊少年ジャンプ(2010年2号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 Sin共通の3種のデメリット効果と、デッキ《青眼の白龍》除外する事で特殊召喚できる召喚条件を持つ。

 フィールド魔法さえあれば、手札がこのカードのみであっても特殊召喚が可能である。
 特に準備する必要も無く、即座に攻撃力3000のモンスター特殊召喚することができるので、相手にとって脅威となり得る。
 ただし《青眼の白龍》デッキに無くなってしまった場合は特殊召喚できないので、《トレード・イン》等のコストにできるカードも採用したい。
 《青眼の白龍》はなるべく多く採用し、《ゴブリンのやりくり上手》等のデッキ戻す手段も確保できれば尚良い。

 より攻撃力が高く手札事故にもなりにくい《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》の存在から、このカードの優先度は低いのが実情である。
 《トレード・イン》に対応する点や、《Sin パラドクス・ドラゴン》シンクロ素材としても、《Sin スターダスト・ドラゴン》というライバルが存在する。
 しかし、このカード《ドラゴン・目覚めの旋律》で2枚まとめてサーチでき、蘇生も可能という点で差別化できる。
 除外した《青眼の白龍》帰還が可能であり、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》等を駆使すれば活躍することができるだろう。
 一応上記の二枚と違い、一度特殊召喚に成功すれば墓地から蘇生できるという利点もある。

 フィールド魔法の代わりに《スキルドレイン》デメリットを消す手もある。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》が使用できない等のデメリットはあるが、《スキルドレイン》軸の【青眼の白龍】では戦力として期待できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

―共通効果に関してはSinを参照。

Q:このカードが正規召喚した後に墓地へ送られた場合、《死者蘇生》等によって蘇生することはできますか?
A:はい、できます。(12/07/12)


Tag: 《Sin 青眼の白龍》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 Sin ブルーアイズ

広告