Sin(シン) 青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)/Malefic Blue-Eyes White Dragon》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
デッキから「青眼の白龍」1体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):「Sin」モンスターはフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、他の自分のモンスターは攻撃宣言できない。
(3):フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合にこのカードは破壊される。

 週刊少年ジャンプ(2010年2号) 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 Sin共通の3種のデメリット効果と、デッキ《青眼の白龍》除外する事で特殊召喚できる召喚条件を持つ。

 フィールド魔法さえあれば、特に下準備無しで即座に攻撃力3000のモンスター特殊召喚できる点は有用。
 しかし、デッキ内に《青眼の白龍》が存在しなければならず、あちらが先に(あるいは同時に)手札に来た場合はこのカード共々腐る事になる。
 《青眼の白龍》を多く採用すれば特殊召喚できない危険性は減らせるが、逆に《青眼の白龍》が複数手札に集まる手札事故の危険性は増える。
 幸いSinサポートカード《ドラゴン・目覚めの旋律》サーチに対応しているため、構築を意識すればこちらを先に引く事も難しくはない。
 《トレード・イン》腐ったこのカード及び《青眼の白龍》を処理しつつ手札交換ができ、《Sin スターダスト・ドラゴン》とも共有できるため相性が良い。
 《ゴブリンのやりくり上手》等のデッキ戻す手段を用意するのも手だが、そこまで特殊召喚に固執すべきかはよく考えたい。

 Sinとして見た場合、手札事故率が少ない《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》《Sin スターダスト・ドラゴン》より優先度は落ちるので、基本的には3番手以降を争う立場となる。
 特に《Sin レインボー・ドラゴン》はこちら同様に《ドラゴン・目覚めの旋律》サーチでき、より攻撃力が高く、対になるモンスター手札に来ても特殊召喚でき、《神縛りの塚》にも対応している。
 こちらは《Sin パラレルギア》とのシンクロ素材に適するのが利点であり、《Sin パラドクスギア》によりシンクロ召喚の準備も作りやすい。
 いっそのこと《青眼の白龍》を採用せず、シンクロ素材としてだけの採用、あるいは特殊召喚《Sin パラドクスギア》に一任するのも手である。

 また、蘇生制限を満たせば蘇生可能なので、汎用蘇生帰還カードを複数採用した構築でもこちらを優先させやすい。
 特に帰還カード除外した《青眼の白龍》特殊召喚できる点でシナジーがある。
 構築が少々【ドラゴン族】寄りになるが、ドラゴン族サポートを多めに投入すれば、手札に来てしまった《青眼の白龍》も活きやすい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

―共通効果に関してはSinを参照。

Q:このカードが正規召喚した後に墓地へ送られた場合、《死者蘇生》等によって蘇生することはできますか?
A:はい、できます。(12/07/12)


Tag: 《Sin 青眼の白龍》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 Sin ブルーアイズ

広告