TG(テックジーナス) パワー・グラディエイター/T.G. Power Gladiator》

シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2300/守1000
チューナー+チューナー以外の「TG」と名のついたモンスター1体以上
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 EXTREME VICTORYで登場した地属性戦士族シンクロモンスター
 貫通ダメージを与える永続効果と、破壊された場合にドローする誘発効果を持つ。

 非チューナーTGが指定されているが、TGにはレベル1〜4の非チューナーが揃っておりシンクロ召喚は容易。
 シンクロ召喚の方法については、同素材の《TG ワンダー・マジシャン》を参照。

 レベル5としては攻撃力がやや低いが、貫通効果がある。
 さらに破壊されてもドローが可能であり、ディスアドバンテージを軽減できる。
 【TG】《TG トライデント・ランチャー》デメリットTG以外特殊召喚できない事が多く、TGにはレベル5の非チューナーシンクロモンスター《TG ハイパー・ライブラリアン》とこのカードしか存在しない。
 よって、【TG】レベル5の非チューナーシンクロモンスターが複数欲しい場合にはこのカードを使うことになる。
 ただ《TG ハイパー・ライブラリアン》は複数枚積め、エクストラデッキの圧迫もあるので、同レベル帯の《A・O・J カタストル》など汎用性の高いものが多く存在する中で単なるアタッカーとしてしか活用できないこのカードを採用するかはよく考えたい。

  • 「グラディエイター(Gladiator)」については剣闘獣を参照。
  • シンクロ召喚時の口上は「シンクロフライトコントロール!リミッター解放、レベル5!ブースター注入120%!リカバリーネットワーク、レンジ修正!オールクリアー!GO、シンクロ召喚!カモン、《TG パワー・グラディエイター》!」。
    初登場時はシンクロ召喚時の口上はなかったが「ブルーノvsプラシド」戦から言うようになった。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではアンチノミーが使用。
    ADXではパートナー及び初戦の際にEXしょうかんで使用する。
    プレイヤーも隠しデッキ限界を打ち破る境地(トップ・クリア・マインド)」で使用できる。
    • TAG FORCE 5では、OCGに先駆けてオリジナルカードとして登場している。
      ゲームでは下記のような効果である。
      《TG パワー・グラディエイター WAX−1000》  
       星5/地属性/戦士族/攻2300/守1000  
      「TG」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上  
      このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、  
      その守備力を攻撃力が超えていれば、  
      その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。    
      このカードの種族は機械族としても扱う。  
      フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、   
      自分のデッキから「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。 

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《TG パワー・グラディエイター》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星5 地属性 戦士族 攻2300 守1000 TG

広告