The blazing MARS(ザ・ブレイジング・マーズ)/The Blazing Mars》

効果モンスター
星8/炎属性/炎族/攻2600/守2200
「The blazing MARS」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
このカード以外の自分の墓地のモンスター3体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズ1に、このカード以外の自分フィールドのモンスターを全て墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターの数×500ダメージを相手に与える。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した炎属性炎族最上級モンスター
 墓地モンスター除外して手札墓地から特殊召喚する起動効果自分モンスター射出する起動効果を持つ。

 (1)の効果墓地モンスター3体を除外し、自身を手札墓地から特殊召喚する効果
 手札からでも特殊召喚可能だが、アドバンテージを考えると《トレード・イン》などのコスト墓地に送ってから自己再生させたいところ。
 モンスターの種類を問わないため、最序盤でもなければ墓地コストには困らないだろう。
 この効果発動後は他のモンスター特殊召喚できなくなるが、展開の最後にこのカード特殊召喚すれば問題ない。
 展開の最後に墓地コストのみで攻撃力2600のアタッカーを追加できるため、ビートダウン系統のデッキであれば採用を検討できる。
 【ライトロード】あたりの墓地肥しを得意とするデッキピン挿ししておくのも良い。
 【霊獣】では《聖霊獣騎 カンナホーク》サーチの際に墓地戻し霊獣モンスター墓地コストにできるため、相性は良い。
 《隣の芝刈り》など無差別に墓地へ送るカードも相性が良く、自己再生コストを確保しつつ、自身を墓地に置いて自己再生できる。
 インフェルノイドとは運用方法が同じなので併用するのも手。
 インフェルノイドの多くはレベル8合計以上になると特殊召喚できなくなるが、このカードを最後に出せばその制約にも掛からない。

 (2)の効果自分モンスター射出する効果
 メインフェイズ1でしか発動できないため、攻撃後のメインフェイズ2で引導火力とすることができない。
 自身を除く自分フィールドモンスターを全て墓地へ送らなければならず、モンスターを減らすことで逆に総ダメージが減ってしまう。
 「墓地へ送る」であるため、ペンデュラムモンスタートークンコストにすることもできない。
 同名カードを含め1ターンに1度しか使用できないため、その用途であれば、ダメージ効率の変わらない《キャノン・ソルジャー》を使用すれば済んでしまう。

 【起爆獣ヴァルカノン】等ではモンスター効果ダメージを与えた後に自己再生させ、使用済みのそれらを墓地へ送ることでダメージを上乗せできる。
 この動きを他のカードの補助なしに行えるのは重要であり、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》などは融合素材にできる点なども含め相性が良い。

  • 「blazing」は燃え盛る、「MARS」は火星を意味する。
  • 漫画の「プラネットシリーズ」の性能は、OCG基準で見るとスペックが高いものが少なくいくつかOCG強化されている物もあるが、こちらは弱体化されてのOCG化となっている。
    プラネットシリーズの中でも際立って使いやすく、かつ調整の難しいバーン効果持ちであるため仕方がないか。
  • 攻撃名の「Syrtis Major」とは、火星に見られる地形の「大シルチス」のことである。
    火星表面の暗く見える場所としては最大である。

関連カード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:自分フィールド《メタル・リフレクト・スライム》とこのカードのみ存在する場合、このカードの(2)の効果発動できますか?
A:発動できますが、《メタル・リフレクト・スライム》墓地ではモンスターとして扱われませんので、結果的にダメージを与える事はできません。(16/06/13)


Tag: 《The blazing MARS》 モンスター 効果モンスター 星8 炎属性 炎族 攻2600 守2200

広告