Vain(ヴェイン)裏切(うらぎ)りの嘲笑(ちょうしょう)/Vain Betrayer》

永続罠
相手フィールド上のエクシーズモンスターが攻撃宣言した時、
そのモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
選択したモンスターがフィールド上に存在する限り、
相手のエンドフェイズ毎に相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
選択したモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した永続罠
 エクシーズモンスター攻撃宣言時にそのモンスター攻撃効果を封じ、エンドフェイズ毎に3枚のデッキ破壊を行う。

 効果自体は《デモンズ・チェーン》と大差なく、エクシーズモンスター以外にも対応し、フリーチェーンであるあちらの方が使い勝手がいい。
 効果のないエクシーズモンスターに使えるが、有用とは言い難い。
 デッキ破壊効果もつくが枚数が多くなく、デッキを切らすよりも相手墓地を肥やしてしまう危険性が高い。

  • アニメではカード名の表記は《Vain−裏切りの嘲笑−》となっており、テキストは以下の通りだった。
    《Vain−裏切りの嘲笑−》
    永続罠
    「V」と名のついたモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
    相手のデッキから「V」と名のついたカードを全て墓地へ送る。
    自分はこのカードの効果で墓地へ送ったカードの枚数×500ライフポイント回復する。
    その後相手はデッキをシャッフルする。
    さらに相手のデッキの上から、このカードの効果で墓地へ送った
    カードの枚数×5枚のカードを墓地へ送る。
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
    「V」と名のついたモンスターの効果は無効化され、攻撃宣言できない。
  • 「ヴェイン(Vain)」とは「虚栄心の強い、無駄な」などを意味する形容詞であるが、このままではカード名の意味が今一つ通じない。
    だが、《CNo.39 希望皇ホープレイV》を対象に使用した事を考慮すれば、「儚い望み・空頼み」を意味する「vain hope」がカード名の由来と考えられる。
    偽りの仲間となって遊馬に儚い希望を抱かせ、裏切りを明かして嘲り笑う、まさにベクターの行動を象徴するカード名である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:デッキカード墓地へ送る効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(13/04/24)

Q:《宮廷のしきたり》が存在する状態で、このカードで選択されているモンスター破壊された場合、このカードは自身の効果により破壊されますか?
A:破壊されず、フィールドに残ります。(13/05/25)


Tag: 《Vain−裏切りの嘲笑》 永続罠

広告