WW(ウィンド・ウィッチ)−アイス・ベル/Windwitch - Ice Bell》

効果モンスター(準制限カード)
星3/風属性/魔法使い族/攻1000/守1000
「WW−アイス・ベル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「WW」モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果でデッキから特殊召喚したモンスターはリリースできず、
この効果を発動するターン、自分はレベル5以上の風属性モンスターしか
エクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手に500ダメージを与える。

 レイジング・テンペストで登場した風属性魔法使い族下級モンスター
 自身を特殊召喚してWWリクルートする起動効果召喚・特殊召喚に成功した場合にダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)の効果は自身の特殊召喚を行い、さらにWWリクルートする効果
 一気に2体のモンスターを並べられるが、誓約効果により同名カードリクルートしてもエクシーズ召喚につなげることができない。
 さらにリクルートしたWWリリースできない制約もつくため、最上級モンスターアドバンス召喚サポートにも使うことができない。

 レベルチューナー《WW−グラス・ベル》リクルートすればレベルシンクロモンスターにつなげられる。
 《WW−グラス・ベル》効果《WW−スノウ・ベル》サーチすればその《WW−スノウ・ベル》特殊召喚でき、レベル8のシンクロ召喚にもつながる。

 《WW−グラス・ベル》を使わずにシンクロ召喚に繋ぐにはレベルを変更するか、追加で新たなモンスターを出す必要がある。
 《簡易融合》を使いレベル5の風属性を出せば召喚権を使わず《ミスト・ウォーム》《浮鵺城》を出すことができる。
 リリースでもエクストラデッキからの特殊召喚でもない《憑依装着−ウィン》《アルカナフォースEX−THE LIGHT RULER》などのコストにするのもいいだろう。
 魔法使い族を簡単に複数並べられるのを活かし、《マジシャンズ・クロス》を使って攻撃するという手もある。
 なお、特殊召喚したこのカード自体はリリースできるので、《WW−スノウ・ベル》リクルートした後、このカードリリースして《風帝ライザー》などをアドバンス召喚し、《WW−スノウ・ベル》レベル7のシンクロ召喚をするのも良い。

 (2)の効果効果ダメージを与える効果
 ダメージの数値は微小であり、(1)の効果のオマケ程度である。
 なお、カード名を指定した1ターンに1度効果であるため、(1)の効果同名カードリクルートしても、そちらはこの効果を使用することはできない。

  • ユーゴ曰く「ガキの頃から何度も受けている」とのことなので、どうやら幼い頃からリンが愛用しているモンスターの様である。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:『レベル5以上の風属性モンスター』以外をエクストラデッキから特殊召喚しているターン、この効果発動できますか?
A:発動できません。(16/10/15)

Q:この効果《魔轟神獣ユニコール》によって無効化された場合でも、レベル5以上の風属性モンスターしか特殊召喚できませんか?
A:《WWーアイス・ベル》の(1)の効果発動を行っているため、レベル5以上の風属性モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できません。(16/10/15)


Tag: 《WW−アイス・ベル》 モンスター 効果モンスター 星3 風属性 魔法使い族 攻1000 守1000 WW

広告