ZS(ゼアル・サーバス)幻影賢者(バニッシュ・セージ)/ZS - Vanish Sage》

効果モンスター
星1/光属性/戦士族/攻 500/守 100
自分フィールド上に「希望皇ホープ」と名のついたモンスターが存在する場合、
自分のメインフェイズ時に発動できる。
デッキからカードを1枚ドローする。
また、バトルフェイズ中に自分フィールド上のモンスターが除外された場合、
その除外されたモンスター1体を選択し、
フィールド上のこのカードを除外して発動できる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚し、
相手フィールド上の攻撃力3000以下のモンスター1体を選んで除外する。
「ZS−幻影賢者」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 PRIMAL ORIGINで登場した光属性戦士族下級モンスター
 希望皇ホープが存在する場合にドローする起動効果、自身を除外してバトルフェイズ中に除外されたモンスター帰還させ、相手モンスター除外する誘発効果を持つ。

 前半の効果ドローによりアドバンテージを稼げるが、ランク4、5の希望皇ホープを組み合わせるにはレベルが合わせにくい。
 使うならランク1の《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》の併用が有効で、効果使用後も《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》効果戦闘破壊を防ぎやすい。
 なお、効果解決時にこのカードや「希望皇ホープ」が存在せずともドローは可能である。

 後半の効果除外されたモンスター帰還させる効果
 自分ターンで使う場合、攻撃が終わったモンスター除外して帰還させれば追加の攻撃ができ、さらに相手モンスター除去できるものの、発動条件が厳しい。

 除外するカード除外するモンスター、このカードを揃えなければならないため、事故になる可能性が高い。
 また、前半の効果を同一ターンに使用できず、除外によりエクシーズ素材を失うため、希望皇ホープとの併用がやや難しい。
 アニメ同様《銀河眼の光子竜》との相性は抜群で、追加除外しつつ再び攻撃できるようになるため、直接攻撃を狙いやすい。
 それ以外では、《速攻の黒い忍者》《ヴェルズ・サンダーバード》辺りが優秀で、どちらもレベル4なことから《No.39 希望皇ホープ》も組み込みやすくなる。

 また《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》ならば相手ターンバトルフェイズに能動的にエクシーズモンスター除外することができ、さらに希望皇ホープとしても扱うため、両方の効果を無駄なく生かすことができる。

 【フォトン】では上記の《銀河眼の光子竜》が使えるのはもちろん、《金華猫》《ワン・フォー・ワン》をこのカードと共有できる《銀河眼の雲篭》などを併用すれば、《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》エクシーズ召喚も狙える。
 ただし、発動回数をカード名で縛っているため、2つの効果のうちどちらかしか同一ターン中に使えず2体並べても意味がない。
 そのため、無理な構成・戦術は避けるよう心がけたい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/02/16)

Q:除外特殊召喚は同時扱いですか?
A:同時扱いです。(14/02/15)

Q:除外効果対象を取りますか?
A:自分フィールドから除外されたモンスター対象をとりますが、相手モンスター対象をとりません。(14/02/14)

Q:自分フィールドモンスター《銀河眼の光子竜》効果によって裏側表示のまま除外された場合、このカードの効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/03/21)

Q:「希望皇ホープ」と名のついたモンスター自分フィールド上に存在しない場合でもバトルフェイズ中に発動する効果は使用できますか?
A:はい、「希望皇ホープ」と名のついたモンスターが存在しない場合でも発動する事ができます。
なお、バトルフェイズ中のダメージステップ以外のタイミングであれば、相手バトルフェイズ中でも発動する事はできます。(14/03/05)

Q:自分モンスターが複数同時に除外された場合も発動することはできますか?
A:自分フィールド上に存在する複数のモンスターが、何らかの効果によって同時に除外された場合においても、
その複数除外されているモンスターの中から1体を選択して効果発動する事ができます。 (16/04/23)


Tag: 《ZS−幻影賢者》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 戦士族 攻500 守100

広告