ZW(ゼアル・ウェポン)風神雲龍剣(トルネード・ブリンガー)/ZW - Tornado Bringer》

効果モンスター
星5/風属性/ドラゴン族/攻1300/守1800
自分のメインフェイズ時、手札または自分フィールド上のこのモンスターを、
攻撃力1300ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
相手は装備モンスターをカードの効果の対象にできない。
装備モンスターが戦闘によって破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
「ZW−風神雲龍剣」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

 COSMO BLAZERで登場した風属性ドラゴン族上級モンスター
 ZWの一体であり、手札フィールドから希望皇ホープ装備カードになる起動効果装備カードとなった場合に装備モンスター耐性を与える効果を持つ。

 上級モンスターだが攻撃力は低く、モンスターとして見るには戦力不足である。
 《仮面竜》《カオスエンドマスター》などで特殊召喚できるが、このカード特殊召喚するギミックは【希望皇ホープ】に搭載しづらいものが多い。
 そのため、このカードモンスターとして使う事は諦めた方がデッキ構築がしやすいだろう。
 安定性を求めるならばピン挿しにとどめ、《ZW−獣王獅子武装》を経由して装備を狙いたい。
 この場合《No.39 希望皇ホープ》《ZW−獣王獅子武装》の両方の素材になれる《アステル・ドローン》などが有効である。

 《忍法 超変化の術》に対応しており、ここからランク5のエクシーズ召喚や装備化を狙うのも1つの手。

 装備カードとなった時はモンスター対象を取る効果から守り、自身を身代わり戦闘破壊耐性を与える。
 装備カードの弱点である《月の書》に強くなる上に、攻撃力が3800を超えるため、戦闘で強く出れる。
 戦闘破壊耐性を使う頻度は少ないものの、場持ちも期待できる。
 ただし、このカード自体には何の耐性もないため、多くの場合相手はこちらを狙うことになる。
 逆に言えば、本命の希望皇ホープではなくこちらに除去カードを使わせる事を強いるので、装備状態のこのカードテキストの見た目以上のロック能力を持つと言える。

 総じて同レベル《ZW−雷神猛虎剣》より扱いやすいZWといえる。
 ただ、このカード《ZW−雷神猛虎剣》は互いに補い合う耐性を持っているため、両方を装備した希望皇ホープは5000超の攻撃力も相まって非常に高い制圧力を発揮する。
 できれば両方ともデッキに投入し、同時装備を狙うのが理想的である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札自分フィールド上から装備カードになる効果を発動する際に希望皇ホープと名のついたモンスター1体を対象に取りますか?
A:はい、対象を取ります。(12/11/19)

Q:手札フィールド上から装備カードになる効果処理時対象に選択したモンスターフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、このカード装備カードにできず墓地へ送られますか?
A:はい、墓地へ送られます。(12/11/21)


Tag: 《ZW−風神雲龍剣》 モンスター 効果モンスター 星5 風属性 ドラゴン族 攻1300 守1800 ZW

広告