《おくびょうかぜ/Timidity》

通常魔法
次の相手ターンのエンドフェイズまで、
フィールド上にセットされた魔法・罠カードを破壊する事はできない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した通常魔法
 セットされた魔法・罠カードを、破壊から守る効果を持つ。

 セットされたカードを回数制限なしで守れる、数少ないカードである。
 攻撃宣言時に発動するカードや、自分ターン発動したい《大革命》等を守るには有効である。
 こういったカードを多用する、あるいは軸とするデッキでは守備手段として有用だと言える。
 相手ターンセットされたカードを自ら破壊するアーティファクト対策として入れておくとメタになる。

 セット限定であり、表側表示になっている永続カードを守れないためこれらを多用するデッキでは他のカードを使用したい。
 また、破壊を介しないバウンス除外には無力である。
 お互い適用されるため、先に相手魔法・罠カードを片付けておかなければ、それらを安全に発動される事になってしまう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:セットカード破壊するカード発動自体ができませんか?
  それとも発動可能だが破壊できない扱いですか?
A:発動できますが破壊できない扱いです。(16/03/05)

Q:セットされた罠カード発動された時、それをカウンター罠無効にし破壊できますか?
A:発動した時点で「セットされたカード」ではなくなるため、破壊できます。(08/07/10)

Q:セットされた魔法カード表側表示永続魔法がある状態で、《大嵐》発動できますか?
A:可能です。(09/02/02)

Q:セットされた魔法カードセットされたモンスターがいる状態で、《裁きの龍》効果を発動できますか?
A:可能です。(09/02/02)


Tag: 《おくびょうかぜ》 魔法 通常魔法

広告