《おジャマパーティ》

永続罠
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
デッキから「おジャマ」カード1枚を手札に加え、その後手札を1枚選んで捨てる。
(2):自分フィールドの、「アームド・ドラゴン」モンスターまたは
機械族・光属性の融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の手札・フィールド・墓地の「おジャマ」カード1枚を除外できる。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
除外されている自分の「おジャマ」モンスターを可能な限り特殊召喚する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編2−で登場した永続罠
 おジャマサーチして手札交換する効果アームド・ドラゴン機械族光属性融合モンスターおジャマ身代わり破壊から守る効果墓地へ送られた場合におジャマを可能な限り帰還させる効果を持つ。

 (1)は、おジャマカードサーチする効果
 直後に手札を1枚捨てるので基本的にハンド・アドバンテージは稼げないが、デッキ圧縮しつつ墓地アドバンテージを稼ぐ事ができる。
 サーチしたおジャマカードをそのまま捨てることもできるため、おジャマ専用の《おろかな埋葬》として扱うこともできる。
 魔法・罠カードサーチできるため、《おジャマジック》や2枚目以降の《おジャマパーティ》をサーチしてそのまま墓地に送れば大きなアドバンテージを稼げる。
 《おジャマデュオ》《おジャマ改造》等の墓地発動する効果を持つおジャマカードを捨てても良いだろう。
 勿論サーチしたのと別のカード捨てサーチしたおジャマ手札から活用してもいい。

 (2)は特定のモンスター破壊される際、代わりにおジャマカード除外できる効果
 魔法・罠カード除外できるが、(3)の効果特殊召喚できる様に、なるべくモンスター除外したい所。
 ただし、その場合は《おジャマ・カントリー》等の墓地利用カードとの兼ね合いも考えておきたい。

 (3)は自身の墓地送りをトリガーとしておジャマ帰還させる効果
 (2)の効果除外したおジャマをそのまま帰還させられる。
 他には《おジャマ改造》は最大3体のおジャマ除外できるので、相性がいい。
 ただし《おジャマ改造》《おジャマッチング》墓地効果は、除外されているおジャマデッキ戻す為、やや相性が悪い。
 フィールド以外から墓地に送られてもいいため、上述の通り1枚目の(1)の効果で2枚目をデッキから手札経由で墓地に落としてもいいだろう。

関連カード

光属性機械族融合モンスターについてはこちらを参照。

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《おジャマパーティ》 永続罠 おジャマ

広告