《どぐう/Dogu》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1900/守   0
「どぐう」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相手の効果で墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
自分のフィールド・墓地に存在しないレベルのモンスター1体をデッキから手札に加える。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した地属性岩石族下級モンスター
 相手効果墓地へ送られたターンエンドフェイズモンスター1体をサーチする誘発効果を持つ。

 大抵のモンスターサーチできるものの、フィールドおよび墓地に同じレベルモンスターが存在しない必要がある。
 基本的にレベル4はサーチできないので、エクシーズ召喚を軸とする戦術とはあまり相性が良くない。
 また、序盤では最大限にその効果を活かせるが、墓地が肥えるデュエル後半になるにつれ、どんどんサーチできる範囲も狭まっていく。

 チューナーにしてもモンスターを再度調達する必要があるので、基本的に特殊召喚モンスターリクルーターなどの展開要員、手札誘発を利用する事になるだろう。
 【岩石族】では《メガロック・ドラゴン》《地球巨人 ガイア・プレート》《ブロック・ゴーレム》などをサーチでき、《E−HERO ダーク・ガイア》用の悪魔族タッチしやすい。

 ただし発動条件相手効果墓地へ送られた場合と、かなり後ろ向きで満たしにくい。
 攻撃力は高いものの、岩石族アタッカーには優秀な効果と専用サーチを持つコアキメイルが存在しており、下級モンスターにまわせる召喚権も不足気味。
 除去に強く《メガロック・ドラゴン》などと相性が良い《ナチュル・クリフ》も存在する。
 《カメンレオン》には対応しているが、《ゴゴゴジャイアント》等とやはり召喚権を食い合う。
 あくまで1:1交換が基本であり、明確に除去に強いモンスターというわけでもないので、《岩投げエリア》コンバットトリック《補給部隊》などで補助したいところである。

  • 複雑な名前のカードが増える中、ひらがな3文字という凄まじいインパクトを持つカード
    「土偶」という実在するモチーフを、特にアレンジする事もなくそのまま使用し、ひらがなで表記しているという点も異彩を放つ。
    デフォルメ調のイラストや構図も相まって初期のカードである《はにわ》を強く意識させる1枚である。

関連カード

―土偶のモンスター

収録パック等

FAQ

Q:このカード墓地へ送られたターンエンドフェイズにこのカード墓地に存在しない場合に発動できますか?
A:いいえ、この効果墓地発動できる誘発効果なので、できません。(14/04/19)


Tag: 《どぐう》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻1900 守0

広告