《ぶつかり()(たましい)

速攻魔法
(1):自分の攻撃表示モンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い
相手の攻撃表示モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
その戦闘を行うモンスターの内、攻撃力が低いモンスターのコントローラーは、
500LPを払ってそのモンスターの攻撃力をダメージ計算時のみ500アップする事ができる。
その後、お互いがLPを払わなくなるまでこの効果を繰り返す。
その戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になり、
ダメージ計算後にその戦闘でモンスターを破壊された
プレイヤーのフィールドのカードは全て墓地へ送られる。

 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEで登場した速攻魔法
 モンスター戦闘を行うダメージ計算時お互いライフポイントを支払い攻撃力を上げ、その戦闘破壊されたモンスタープレイヤーカード墓地へ送る効果を持つ。

 効果がわかりにくいが、簡潔に言ってしまえば「お互いに500ずつライフを払い続け、先にやめた方がフィールドのカードを全て墓地へ送ることになる」という内容である。
 ライフという限界が見えている以上ただ払い合うのは不毛なので、なるべくこちらが有利になるような状態で使いたい。
 そうなれば相手は基本的に全体除去されることを前提に、なるべくライフを払わせるか否かという選択を迫ることができる。

 もしくは、最終的に相手全体除去できる状態であっても、こちらがライフを払い続ければ相手ライフを払い続ける必要があるので、バーンカードと組み合わせればそのまま倒せる可能性はある。
 相手バーンカードの可能性を考慮した場合、ライフが限界まで減ることを恐れ全体除去を受けてくる可能性もあるが、逆にそれをブラフに立ち回ることもできる。

 その特性を活かして【大逆転クイズ】ではライフポイントを調整するカード若しくは、全体除去として採用出来る。
 もし相手全体除去を嫌いライフを払い続ければ自分はこのカード1枚でライフを500以下にすることが出来る。

 戦闘ダメージを与えられないのはこの効果適用した場合のみで、その後の追撃には問題がない。
 この場合、相手は追撃用のモンスターの事まで考えてライフを温存しなければならないため、ライフを払う行為自体がやりにくくなる。

 《月鏡の盾》とは相性が良い。
 ステータスの低いモンスターに装備すればこのカード発動条件を満たしやすくなり、ライフを払うことなく《月鏡の盾》効果相手モンスターステータスを上回り戦闘破壊できる。

  • カード名はこのデュエルが開始されたアニメ5D's第153話のタイトルであり、遊星もジャックもこのデュエルでは幾度も「魂」という言葉を口にしている。
    また、イラストの2体のモンスターは最終局面で対峙したモンスターである。
    なお、このシーンは最終回に相当する第154話のシーンなのだが、初回放送時にはこの2話は(1時間スペシャルとして)連続で放映されている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:最初に攻撃力が低いモンスターコントローラーライフポイントを払った場合、その後、必ずライフポイントを払う処理を行う必要がありますか?
A:いいえ、その攻撃力がアップした事によって、戦闘を行っている自身のモンスター攻撃力が低い状態となったプレイヤーが、次にライフポイントを払うかどうかを選び、ライフポイントを払わずにその戦闘を進める事もできます。(17/02/11)

Q:最初に攻撃力が低いモンスターコントローラーライフポイントを払い、その後、ライフポイントを払って攻撃力をアップさせる処理を行わなかった場合でも、戦闘ダメージが0になる効果とその戦闘破壊されたモンスタープレイヤーカード墓地へ送る効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(17/02/11)


Tag: 《ぶつかり合う魂》 魔法 速攻魔法

広告