《もののけの()くう(ほこら)

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 20で登場した通常罠
 自分フィールドモンスターがいない時に墓地アンデット族蘇生する効果、同条件の時に自身を墓地から除外アンデット族効果無効にして蘇生する効果を持つ。

 発動条件があるため攻める場合には使いにくく、劣勢時や除去を受けた時の切り返しに使う事になるだろう。
 ただ、漠然と使うなら表示形式の指定があるものの発動条件のない《戦線復帰》で十分な場面が多い。
 アンデット族には即効性があり相手墓地利用も阻害できる《生者の書−禁断の呪術−》という選択肢も存在する。

 こちらは、合計2回の蘇生が行える点、デッキ手札から墓地へ送られても無駄にならない点が利点となる。
 例えばライトロード《隣の芝刈り》と言った不特定多数で墓地を肥やすカードで落ちた場合、蘇生カード1枚分を得する事となる。
 墓地へ送られたターンでも即座に発動できるのは多くの蘇生罠カードが抱える速攻性の問題をフォローしていると言えるだろう。
 蘇生するモンスター効果無効になるが、や各種素材の他、《ゴブリンゾンビ》の様な墓地発動する効果を持つものならば影響はない。
 ただ、発動条件の関係上有利な状況下で墓地へ落ちても意味が無いため、過度な期待はせず運が良ければ儲けもの程度に思っておくのが無難か。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画版GXの「三沢vs万丈目」戦で三沢が使用。
    蘇生された際に相手モンスター1体を破壊できる《カラス天狗》(OCGのものとは別物)を蘇生して除去に繋げる理想的なプレイングを見せた。
  • 漫画版では「妖怪族」を蘇生する効果であり、(2)の効果は無かった。
    なお、回数制限と自分墓地との記述はない。

収録パック等


Tag: 《もののけの巣くう祠》 通常罠

広告