《アークロード・パラディオン》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:上/左下/右下】
リンクモンスターを含む効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分の、
「パラディオン」モンスターまたは「星遺物」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した光属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスター元々の攻撃力分自身の攻撃力を上げる永続効果、自身のリンク先モンスター攻撃を封じる永続効果パラディオン星遺物リリースして相手表側表示カードの効果無効にする誘発即時効果を持つ。

 リンク素材にはリンクモンスターを含む効果モンスター2体以上が指定されている。
 リンク2のリンクモンスターと、そのリンク先となる自分フィールド特殊召喚したパラディオンを素材にする方法が簡単だろう。
 《水晶機巧−ハリファイバー》《聖騎士の追想 イゾルデ》効果モンスターリクルートしてもリンク召喚可能。
 《水晶機巧−ハリファイバー》の場合、《神樹のパラディオン》リクルートしてリンク素材にすれば、相手からの破壊に備えつつこのカードリンク召喚できる。

 (1)(2)の効果は一体で、リンク先攻撃力を集約できるが代わりにリンク先モンスター攻撃できなくなる。
 エクストラモンスターゾーンに存在する場合は、このカードの正面の相手攻撃表示モンスター元々の攻撃力も加算し、その攻撃も封じられる。
 壊獣《トーチ・ゴーレム》を正面のモンスターゾーン送りつければ攻撃力は大幅に上がる。
 リンク先自分モンスター攻撃できないが、基本的には総攻撃力は減っておらず、攻撃できないモンスターであればデメリットにならない。
 リンク先《バハムート・シャーク》と、その効果で呼び出した《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》を並べれば攻撃力は7600にもなる。
 光属性リンクモンスターから出すことで、《フォトン・サンクチュアリ》フォトントークンリンク先に出しつつ、攻撃力を加算できる。
 このカード攻撃した後に自身をフィールドから離せば、このカードリンク先だった自分モンスター攻撃できるようになる。

 また、リンク先モンスター攻撃力が変動しても影響しないため弱体化も有効。
 単純に相手モンスター弱体化させればその分攻撃力の差は広がり、聖刻などの効果攻撃力が下がっている最上級モンスターもこのカードリンク先にあれば高かった元々の攻撃力を活かすことができる。
 攻撃力を0にした上にバーンも発生する《ミニマム・ガッツ》とは相性が良く、攻撃力3000以上のモンスター戦闘破壊すれば1ターンキルに届く。
 聖刻コストに使えばリクルート効果によりこのカード強化できるため、より1ターンキルに届きやすくなる。

 効果を受けないモンスターと組み合わせるのも良い。
 (2)の効果を受け付けないことにより、攻撃を封じられることなく(1)の効果でこのカード攻撃力を上げることができる。
 特に《ラーの翼神竜−不死鳥》《ラーの翼神竜》リンク素材とすることでこのカードリンク先特殊召喚でき、あちらの効果相手フィールドを一掃しつつ総攻撃力は10000となり1ターンキルが成立する。

 (3)は相手カード無効にする効果
 利便性は高いがコストとしてリンク先パラディオン星遺物が必要となるので多用は難しい。

 《リユナイト・パラディオン》効果適用し、《天穹のパラディオン》リンク先に存在すれば攻撃力は4100となる。
 そこから《天穹のパラディオン》効果をこのカード適用し、リンク先相手モンスター攻撃すれば攻撃力差は4100、戦闘ダメージは8200となり1ターンキルとなる。
 《リユナイト・パラディオン》《天穹のパラディオン》《マギアス・パラディオン》《レグレクス・パラディオン》効果でそれぞれサーチすることも可能。

関連カード

―《アークロード・パラディオン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《アークロード・パラディオン》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク3 光属性 サイバース族 攻2000 パラディオン

広告