《アーマード・ビー/Armored Bee》

効果モンスター
星4/風属性/昆虫族/攻1600/守1200
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して発動する。
選択した相手モンスターの攻撃力をエンドフェイズ時まで半分にする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 PREMIUM PACK 12で登場した風属性昆虫族下級モンスター
 相手モンスター攻撃力を半分にする起動効果を持つ。

 その効果により、このカード単体で攻撃力3200以下までのモンスター戦闘破壊する事ができる。
 元々の攻撃力もそれほど低くはなく、守備表示モンスターとの戦闘もある程度はこなせる。

 だが、戦闘を介するがゆえに妨害を受けやすいため、直接除去するよりも手間がかかりやすい。
 また汎用性の高い効果ゆえにライバルも多く、主だった所でも《BF−疾風のゲイル》《機皇兵グランエル・アイン》《EMウィップ・バイパー》などが挙げられる。
 それらと比較して、風属性昆虫族というのはサポートカードが少なく《電光千鳥》《地底のアラクネー》の素材に使える程度で、このカードとのシナジーも薄い。
 加えて、「このカードでなければ処理できない」という仮想敵も乏しいため、今ひとつ脚光を浴びられていないモンスターである。

 【昆虫族】においては癖がなく扱いやすいため、アタッカーとして候補に入る。
 また、《怪粉壊獣ガダーラ》などを送りつけて処理する場合には最も手軽な手段となるだろう。

  • 「マスターガイド3」では「蜂のように刺す!」と紹介されている。
    「ように」も何もこのモンスターは蜂なのだが。

関連カード

―ハチのモンスターについては《キラー・ビー》参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果です。(10/12/11)

Q:攻撃力2000の《ワイトキング》は、効果を受けた後攻撃力がいくつになりますか?
  効果を受けた後で墓地《ワイト》《ワイトキング》が増えた場合、数値はどうなりますか?
A:《ワイトキング》攻撃力は1000となり、その後墓地《ワイト》《ワイトキング》の数が増減した場合でも、エンドフェイズ時まで数値は変化しません。(10/12/11)


Tag: 《アーマード・ビー》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 昆虫族 攻1600 守1200

広告