《アーマロイドガイデンゴー/Armoroid》

効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2700/守2000
このカードが「ロイド」と名のついたモンスター1体を含む生け贄召喚に成功した時、
フィールド上に存在する全ての魔法・罠カードをゲームから除外する。

 ※テキスト中の「生け贄召喚」は「アドバンス召喚」を指す。

 Vジャンプ(2007年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した地属性機械族最上級モンスター
 リリースロイドを含んだアドバンス召喚に成功した時、フィールド上の魔法・罠カードを全て除外する誘発効果を持つ。

 発動条件は厳しいが、アーティファクト等の破壊すると効果発動するカード《スターライト・ロード》等の破壊効果メタを無視して除去できる。
 他にも、《スキル・プリズナー》等の墓地効果発動できる魔法・罠カードペンデュラムモンスターの再利用も封殺できる利点もある。
 ただし、自分カードも巻き添えを食らってしまう。

 問題は展開力が低い【ビークロイド】ではアドバンス召喚のためのリリース要員を揃えるのがやや困難な点。
 1体含んでいればいいので、もう1体は他のモンスターでも構わないが、難しい条件である事に変わりない。
 これらの中では《簡易融合》特殊召喚できる《ペアサイクロイド》《予想GUY》特殊召喚できる《サイクロイド》が使いやすいか。
 もしくは効果は無視して、《キューキューロイド》効果特殊召喚を狙うのも手かもしれない。

 逆に【スピードロイド】では、《SRベイゴマックス》を自身の効果特殊召喚し、そこから《SRタケトンボーグ》サーチして特殊召喚するだけで準備が整う。

  • デザインがアニメ「トランスフォーマーV」のロボット「ギャラクシーシャトル」及び、アニメ「勇者指令ダグオン」のロボット「サンダーダグオン」に似ている。
  • 融合モンスター以外では唯一固有名詞がついたロイドである。
    にもかかわらず英語名ではその肝心の固有名詞の部分が取り除かれ「Armoroid」だけになってしまっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画GXで翔が使用。
    漫画では《タンクロイド》・《シャトルロイド》《ネイビィロイド》が合体した特殊召喚モンスターだった。
    原作での効果は以下の通りになる。
    このカードは通常召喚できない。
    自分フィールド上の「タンクロイド」「シャトルロイド」「ネイビィロイド」を
    魔法&罠カードゾーンに置く事でのみ手札・デッキから特殊召喚する事ができる。
    このカードが戦闘によって相手の守備表示モンスターを破壊した時、
    このカードの攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
    魔法&罠カードゾーンにある「タンクロイド」「シャトルロイド」「ネイビィロイド」が
    破壊される度にこのカードの攻撃力は600ポイントダウンする。
    魔法&罠カードゾーンにある「タンクロイド」「シャトルロイド」「ネイビィロイド」が
    全て破壊された時、このカードを破壊する。
    パーツが破壊される毎に弱体化するが、魔法&罠カードゾーンビークロイド破壊されたからといって、ソリッドビジョン上のそのパーツが無くなるような事はなかった。
    このモンスターで十代を圧倒していたが、魔法カード《ヒーロー・ソリダリティ》で素材2枚を破壊され弱体化したところを装備魔法《ボルテック・スピア》を装備した《E・HERO ボルテック》戦闘破壊された。
    攻撃名は「イレクトリシティクラッシュ」。
  • 後になって、素材モンスター2体がOCG化されたが、《タンクロイド》のみOCG化されていない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「ロイド」の名を持つかどうかは、リリースした時点のカード名で判断するのですか、墓地におけるカード名で判断するのですか?
A:リリースした時点のカード名で判断します。(13/03/16)


Tag: 《アーマロイドガイデンゴー》 効果モンスター モンスター 星8 地属性 機械族 攻2700 守2000 ロイド

広告