《アイス・ブリザード・マスター/Ice Master》

効果モンスター
星8/水属性/魔法使い族/攻2500/守2000
このカードは自分フィールドの水属性モンスター2体をリリースし、
手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
アイスカウンターを1つ置く事ができる。
また、このカードをリリースする事で、
アイスカウンターが乗ったモンスターを全て破壊する。

 Vジャンプ(2006年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した水属性魔法使い族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果モンスターアイスカウンター置く起動効果アイスカウンターが乗ったモンスターを全て破壊する起動効果を持つ。

 自身を特殊召喚する効果を持ってはいるが、アドバンス召喚した場合とカードの消費は同じである。
 通常召喚を行った後に続けて出すなどし、この特殊召喚効果をできるだけ有意に使いたい。
 《黄泉ガエル》雲魔物トークン《バブル・ブリンガー》《ダブルフィン・シャーク》等でカード消費を抑えたいところ。

 また、《深海のディーヴァ》《素早いアンコウ》等のモンスター効果を使えば、1ターンの内に特殊召喚が可能。
 十分に墓地が肥えた状態ならば、《レクンガ》も活躍してくれるだろう。
 水属性2体除外で1枚損の特殊召喚、4体除外で損得なしの特殊召喚が可能になる。

 フィールドに出した後は、自身の効果アイスカウンターを置きつつ、全体除去を行える。
 しかし単体での速度は遅いので、全体除去を活かすには《コールド・エンチャンター》《スノー・ドラゴン》で事前に準備を行いたい。
 このカード特殊召喚するための消費、さらに全体除去に自身のリリースが必要になる事を考えると、3体以上のモンスター破壊できるようにしておくべきだろう。

 しかし、できることはモンスター除去のみであり、手間に見合うとはいいがたい。
 サーチ手段の豊富な1:1交換《ならず者傭兵部隊》や、自身を残しつつ即座に相手モンスター破壊できる《雷帝ザボルグ》と比較して、どうしても扱いづらくなっている。
 魔法使い族であるため《ディメンション・マジック》にも対応しているが、他に有用な魔法使い族も多く、またアイスカウンターの関連カードに他に魔法使い族が存在しないのが痛い。

  • 英語名は「マスター(Master)」と男性形である。
    《精霊術師 ドリアード》《ライトロード・マジシャン ライラ》等からも分かる様に、英語名では男性名詞と女性名詞が明確化される傾向が見られる。
    ただしMasterには「〜を自在に操る者」という意味があり、この場合のMasterには女性形が存在しないため性別を気にする必要がない。
    なお、同じくThe Duelist Genesisに収録された、明らかに女性型の《コールド・エンチャンター》も「Enchanter」と男性形のままである。
    この点を考慮すると、昨今の海外における「女性名詞は差別的」という風潮に考慮した等の可能性も考えられる。
    ただし、ドイツ語などでは普通に女性名詞になっており、何故英語で修正されなかったのかは不明である。

関連カード

リリースによる除去効果を持つものは《ならず者傭兵部隊》を参照。

収録パック等


Tag: 《アイス・ブリザード・マスター》 効果モンスター モンスター 星8 水属性 魔法使い族 攻2500 守2000

広告