《アクセル・ライト/Accellight》

通常魔法
「アクセル・ライト」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の、「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスター1体を特殊召喚する。

 デュエリストパック−カイト編−で登場した通常魔法
 デッキからフォトンギャラクシー下級モンスター特殊召喚する。

 一見便利なリクルート効果だが、発動条件通常召喚を封じるデメリットが厳しいため、モンスターを大量に並べるのが難しく、腐りやすい
 何より手札《フォトン・スラッシャー》《銀河騎士》と併用できないのが非常に痛い。
 《フォトン・アドバンサー》は同時展開が可能なカードであるため、フォトン主体であればぜひ併用したい。

 特殊召喚候補としては、《銀河の魔導師》との相性が比較的良い。
 レベル8になって《銀河遠征》発動条件を満たしたり、《地獄の暴走召喚》と併用すればそのまま《超銀河眼の光子龍》エクシーズ召喚に繋げたりできる。
 また、リクルート後自身をリリースすることでサーチカードとしても使える。
 《フォトン・サンクチュアリ》手札にあるなら、《銀河眼の光子竜》サーチして特殊召喚することもできる。
 《銀河眼の光子竜》特殊召喚できる《銀河眼の雲篭》も有力な候補と言える。
 高い攻撃力を持つ《フォトン・パイレーツ》《フォトン・クラッシャー》で奇襲をかけたり、《フォトン・リザード》から《フォトン・スラッシャー》サーチして特殊召喚したりすることも考えられる。

  • Dチーム・ゼアルの「カイトvsフュージョン・マスク」戦において、カイトの最初の手札に存在していたのが確認できる。

関連カード

イラスト関連

特殊召喚可能なモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果処理時に他のカードの効果自分フィールドモンスター特殊召喚された場合、特殊召喚は行われますか?
A:行われます。(12/09/15)


Tag: 《アクセル・ライト》 魔法 通常魔法

広告