《アトミック・スクラップ・ドラゴン/Atomic Scrap Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/ドラゴン族/攻3200/守2400
「スクラップ」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に存在するカード1枚と、
相手の墓地に存在するカードを3枚まで選択して発動する事ができる。
選択した自分のカードを破壊し、選択した相手のカードをデッキに戻す。
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、
シンクロモンスター以外の自分の墓地に存在する
「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。

 STORM OF RAGNAROKで登場した地属性ドラゴン族シンクロモンスター
 1ターンに1度自分カード破壊相手墓地カードデッキ戻す起動効果と、相手によって破壊された時にスクラップ蘇生する誘発効果を持つ。

 チューナースクラップが指定されているだけではなく、非チューナーも2体以上と指定されている。
 そのため、【スクラップ】シンクロ召喚の要である《スクラップ・キマイラ》効果だけでは出し辛い。
 《スクラップ・キマイラ》を利用するなら《スクラップ・ソルジャー》蘇生《スクラップ・サーチャー》などの組み合わせを狙いたい。

 効果相手墓地アドバンテージを大幅に減らすことができるが、フィールドには何も干渉できないのが難点。
 モンスター3体でシンクロ召喚した上で自分カード破壊も必要なので、消耗も激しい。
 そもそも、《スクラップ・キマイラ》を使えば、《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》などでも簡単に除外できるため、わざわざ出しづらいこちらを使うメリットが乏しい。

 縛りが厳しく2枚以上の消費を要するが、フィールドに干渉できずアドバンテージが取りにくく、《神樹の守護獣−牙王》と比較しても汎用性は大きく劣る。
 【スクラップ】においても他のスクラップシンクロモンスターがまず優先される。
 一応、《シャドー・インパルス》を併用して自壊することにより《シューティング・スター・ドラゴン》セイヴァー等を簡単に出せるメリットはある。
 とはいえ、専用構築でもない限りわざわざ狙う必要性は乏しく、単に上記を出したいだけならば、2体で済む《Sin パラドクス・ドラゴン》の方が使いやすい場合が多い。

  • 「アトミック(atomic)」とは、「原子力の」または「強大な」という意味である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:破壊する処理と墓地カードデッキ戻す処理は同時に行われる扱いですか?
A:同時に行われる扱いとなります。(11/09/23)

Q:効果解決時対象に選択した自分のカードが破壊されなかった場合、選択した相手カードデッキに戻りますか?
A:いいえ、破壊されない場合はデッキに戻りません。(10/11/13)

Q:効果解決時対象に選択した相手カードが1枚墓地に存在しなくなった場合、選択した自分カード破壊され、相手の選択した残りのカードデッキに戻りますか?
A:はい、その場合は自分カード破壊され、残りの相手のカードはデッキに戻ります。(10/11/13)

Q:効果解決時対象に選択した相手カード墓地に全部存在しなくなった場合、選択した自分カード破壊されますか?
A:はい、その場合でも自分カード破壊されます。(10/11/13)


Tag: 《アトミック・スクラップ・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 地属性 ドラゴン族 攻3200 守2400 スクラップ

広告