《アドヴェンデット・セイヴァー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/アンデット族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
アンデット族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「リヴェンデット・スレイヤー」として扱う。
(2):自分の墓地の「ヴェンデット」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのレベル×200ダウンする。

 EXTRA PACK 2018で登場した闇属性アンデット族リンクモンスター
 モンスターゾーン《リヴェンデット・スレイヤー》となる永続効果ヴェンデット1枚をサルベージする起動効果デッキから墓地へ送ったアンデット族レベルに比例した相手モンスター弱体化を行う誘発即時効果を持つ。

 リンク素材アンデット族2体。
 リンク召喚方法は《ヴァンパイア・サッカー》を参照。

 (1)は同様の効果を持つ《リヴェンデット・エグゼクター》を参照。
 《リヴェンデット・スレイヤー》として扱うカードの中では唯一除去された場合の効果を持たず、耐性もないので、《リヴェンデット・ボーン》身代わり効果を最も有効に使いやすい。

 (2)はヴェンデットカードサルベージ
 種類は問わないが、ヴェンデットモンスター墓地発動効果を持ち、ヴェンデット儀式モンスター墓地からの儀式召喚も可能であるためサルベージする意義は少ない。
 そのためキーカードである儀式魔法を始めとした魔法・罠カードを優先的にサルベージしたい。
 リンクマーカーの都合上蘇生の旨みが少ないため同名カードエクストラデッキ戻すことも考えられる。

 (3)はアンデット族墓地送り単体弱体化
 自分相手ターン両方発動でき、メインデッキに入れられるアンデット族の中で最高レベルは10なので、攻撃力3600までのモンスターならば相打ち以上に持ち込める。
 ヴェンデットモンスター墓地へ送れば(2)と組み合わせることで実質的なサーチとなる。
 ただし1ターンに1度の制限があるので、相手モンスターを並べて攻撃力の低いほうから攻撃してきた場合は戦闘破壊されてしまう。

 同じリンク素材リンクマーカーステータスを持つ《ヴァンパイア・サッカー》が存在している。
 こちらはヴェンデットに関する効果を持っているため、それらを中心としたデッキで使いたい。
 ヴェンデット自己再生墓地からの儀式召喚もできるため、あちらの(2)の効果のために使い分けることもできる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アドヴェンデット・セイヴァー》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 闇属性 アンデット族 攻1600 ヴェンデット

広告