《アブソーブポッド/Absorbing Jar》

効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻 600/守 500
リバース:フィールド上にセットされた魔法・罠カードを全て破壊する。
破壊されたカードのコントローラーは、
破壊された数だけデッキからカードをドローする。
このターン、自分はカードをセットできない。

 GALACTIC OVERLORDで登場した地属性岩石族下級リバースモンスター
 リバースした場合にセットされた魔法・罠カードを全て破壊し、お互い破壊された枚数分ドローする誘発効果を持つ。

 自分相手も失った伏せカードの分だけドローするので、カード・アドバンテージの差が出づらい。
 単純に伏せカードを複数枚破壊したいのならば、破壊する対象を選ぶ《ドッペルゲンガー》を使った方が良い。
 《黄金の邪神像》等の破壊された時に効果発動できるカードとの併用も考えられるが、それならば《光帝クライス》の方が破壊範囲が広く、能動的に使いやすい。

 このため、効率よく使うには、どうしても他のカードとのコンボが必要になる。
 《神殿を守る者》ならば、自分のみドローをしつつ相手伏せカード破壊できる。
 この効果発動する前ならいくらでもカードセットでき、相手ターンならばカードセットすることはあまりないため、そこまでデメリットは気にならない。
 また《端末世界》を使えば、相手攻撃リバースした場合、相手セットする機会を失う。
 既に発動した《端末世界》であれば、破壊することもない。
 《EM五虹の魔術師》と併用して相手ターンバトルフェイズリバースした場合、以降の追撃を防げる。

 【アーティファクト】で採用すれば、相手ターンリバースされれば伏せたアーティファクトを全て特殊召喚し、さらにカードまでドローできるコンボができる。
 しかし、先攻ターン目はともかく、相手もアーティファクトだと分かっていながらカードを大量にセットすれば《邪神の大災害》の存在もあり迂闊には攻撃してこないので、《硫酸のたまった落とし穴》等を併用し、能動的な発動も狙いたい。

  • 「アブソーブ(Absorb)」は「吸収する、同化する」という意味である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分セットを行った後、同じターンにこのカードリバースした場合も効果発動し、破壊する効果は処理されますか?
A:はい、リバース効果発動し、セットしたカード破壊されます。(12/02/20)

Q:破壊ドローは同時扱いですか?
A:いいえ、 同時の扱いではありません。(12/02/24)

Q:フィールド上の魔法・罠カードの枚数が残りデッキ枚数よりも多いプレイヤーが存在する場合、このカードリバース反転召喚)する事はできますか?
A:はい、どちらも可能です。
この効果破壊されたカードと同じ枚数分ドローできなかったプレイヤーはデッキ切れで敗北となります。
お互いに破壊枚数分ドローできなかった場合は引き分けとなります。(12/05/23)


Tag: 《アブソーブポッド》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星3 地属性 岩石族 攻600 守500

広告