《アボイド・ドラゴン/Dodger Dragon》

効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1900/守1200
このカードの召喚は無効化されない。
このカードが召喚に成功したターン、
相手はカウンター罠カードを発動できない。

 EXTRA PACK 2012で登場した風属性ドラゴン族下級モンスター
 召喚無効にされないルール効果と、召喚ターン相手カウンター罠発動を封じるルール効果を持つ。

 下級モンスターとしては十分な攻撃力を持ち、召喚無効にされない。
 さらに、召喚に成功したターン中はカウンター罠を封じることができる。
 デッキを問わず採用されるカウンター罠《神の宣告》《神の警告》《神の通告》くらいだが、相手制圧し切っている場合、このカードを最初に召喚することでモンスターの召喚カードの発動等を無効化される危険性は減る。

 制圧を重視する環境であれば、このカードで対策できない《激流葬》《聖なるバリア −ミラーフォース−》等は優先されにくく、また即効性もあるので有用になりやすい。
 とは言え、制圧カウンター罠を使われるとは限らず、召喚無効にするようなモンスター効果などには無力。
 また、最初に召喚する必要があるため、以降の展開を考慮しないと制圧からの切り替えしも難しくなる。

 メリット効果を持つ下級アタッカーとして運用することもできるが、その条件なら他にも存在するので、属性種族も活かしたい。
 ドラゴン族としては《アレキサンドライドラゴン》攻撃力で劣るも、《コアキメイル・ドラゴ》と共存させやすく、あちらのように自壊もしない。
 ただし特殊召喚時には効果を発揮できないため、《コアキメイル・ドラゴ》永続効果とは相性が悪い。

 攻撃力もあるため、サクリファイス・エスケープとも好相性。
 確実にコストを捻出でき、無効にされた際のリスクも抑えられる。
 しかし《風霊術−「雅」》《バーストブレス》等、該当するものはクセが強いものが多い。

  • カード名の「アボイド(Avoid)」とは、「回避する・避ける」という意味で、英語名の「Dodger」も「回避する者」という意味。
    無効効果を回避するという事だろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:いずれも特に分類のない効果(→ルール効果)となります。(13/06/15)

Q:このカード召喚に成功して効果適用される際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/10/13)

Q:《スキルドレイン》が存在する時にこのカード召喚した場合は効果無効になりますか?
A:はい、無効になります。(12/10/13)

Q:このカード召喚した後に《スキルドレイン》発動した場合でも、このカード効果適用され続けますか?
A:はい、適用され続けます。(12/10/13)

Q:このカード召喚されたターン《エネミーコントローラー》等の効果によって《アボイド・ドラゴン》自身のコントロール相手に移った場合、「カウンター罠カード発動できない」プレイヤーはどちらになりますか?
A:その場合でも、「カウンター罠カード発動できない」プレイヤーはこのカード召喚したプレイヤーから見て相手プレイヤーになります。(12/11/30)


Tag: 《アボイド・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 ドラゴン族 攻1900 守1200

広告