《アポート/Teleport》

永続魔法
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
800ライフポイントを払う事で手札からサイキック族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した永続魔法
 条件下で手札サイキック族モンスター特殊召喚できる効果を持つ。

 サイキック族版の《ミイラの呼び声》《神の居城−ヴァルハラ》に近いが、ライフコストがあるためより厳しい発動条件である。
 とはいえ、レベル5以上のサイキック族を比較的楽に特殊召喚できるので上級サイキック族を使うなら採用の余地はある。

 最も相性がいいのは《マスター・ジーグ》で、特殊召喚後に続けて下級サイキック族通常召喚すれば相手モンスターを即座に2体破壊可能。
 ライフコストの面でも2回効果発動するよりわずかながら軽くなるので、十分に元は取れる。
 また、《ストーム・サモナー》も即座に効果適用できるようになり、《アーマード・サイキッカー》特殊召喚のみならずリリースなしでの通常召喚も狙えるので、1ターンに2体の上級サイキック族召喚することも可能。
 ただし、《ストーム・サモナー》《アーマード・サイキッカー》の2者は自身がダメージ効果を持つため、ライフコストがより痛手になることを考慮して使おう。

 また、【サイキック族】ではありがたいライフゲイン効果を持つ《サイコ・エンペラー》のサポートや、《スペースタイムポリス》効果発動の補助にもなる。
 【ガスタ】であれば《ガスタの賢者 ウィンダール》をサポートするのも手か。

 ただし、サイキック族下級モンスターを中心に活用するデッキでは《脳開発研究所》が存在するため事実上出番がない。
 また、サイキック族チューナーシンクロモンスターも多く、上級モンスターを入れずとも戦力の確保はできる。
 手札からの展開にしても、メタルフォーゼによるペンデュラム召喚という手もある。

  • 元ネタは、遠くに存在する物体を手元に瞬間移動させる超能力「アポーツ」か。
    しかし手元からカードを出すこのゲームにおいては正反対の効果である。
    英語名はテレポートになっており、《緊急テレポート》と紛らわしくなっている。

関連カード

手札からモンスター特殊召喚可能な永続魔法については《ミイラの呼び声》を参照。

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚チェーンブロックを作りますか?
A:作ります。(08/09/11)

Q:特殊召喚自分メインフェイズ以外に行えますか?
A:自分メインフェイズにのみ使えます。(08/09/11)

Q:効果解決時自分フィールド上にモンスターが存在していた場合、モンスター特殊召喚する効果適用されますか?
 また同様に効果解決時相手フィールド上にモンスターが存在しない場合、モンスター特殊召喚する効果適用されますか?
A:《アポート》の効果解決時に、自分フィールド上にモンスターが存在する場合、手札からサイキック族モンスターを特殊召喚する事はできません。
 また、効果解決時に相手フィールド上にモンスターが存在しない場合も、手札からサイキック族モンスターを特殊召喚する事はできません。(09/08/22)


Tag: 《アポート》 魔法 永続魔法

広告