《アモルファージ・オルガ/Amorphage Wrath》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/ドラゴン族/攻1650/守   0
【Pスケール:青3/赤3】
このカードのコントローラーは、
自分スタンバイフェイズ毎に自分フィールドのモンスター1体をリリースする。
またはリリースせずにこのカードを破壊する。
(1):自分フィールドに「アモルファージ」モンスターが存在する限り、
「アモルファージ」モンスター以外のモンスターをリリースできない。
【モンスター効果】
(1):P召喚・リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに「アモルファージ」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した地属性ドラゴン族下級ペンデュラムモンスター
 アモルファージ共通の維持コストを要する効果外テキスト特殊召喚を封じる永続効果アモルファージ以外のモンスターリリースを封じるペンデュラム効果を持つ。

 アモルファージモンスター共通の維持コストペンデュラム効果適用条件、モンスター効果については《アモルファージ・ガストル》を参照。

 固有ペンデュラム効果は、アモルファージ以外をリリースできなくなる効果
 リリースは行うデッキと行わないデッキがはっきり分かれているので、メタとしては相手を選ぶ。
 主に【帝コントロール】等の【アドバンス召喚】系列、【影霊衣】等の【儀式召喚】系列に対するメタとなる。
 なお、このペンデュラム効果により自分ペンデュラムゾーンアモルファージ維持コストとしてアモルファージ以外のモンスターリリースできなくなる。

 アモルファージスケール3と5しか存在しないため、アモルファージ2枚をペンデュラムゾーンに置いた場合ペンデュラム召喚できるモンスターレベル4のみとなる。
 レベルアモルファージはこのカードの他に3種類存在するが、うち2枚は攻撃力0であり、このカードより攻撃力が100高い《アモルファージ・ヒュペル》ペンデュラム効果汎用性が低い。
 したがって、アモルファージ下級アタッカーとしてはこのカードが一番使い勝手が良いと言える。
 【アモルファージ】は、有効なメタ能力を持つアモルファージ2枚をペンデュラムゾーンに置き、レベルアモルファージを繰り返しペンデュラム召喚し、それらを《アモルファージ・インフェクション》等で戦闘補助して相手ライフを削り切る、というのが最終的な盤面となる。
 その際に大幅に強化された状態で主力アタッカーとなるのは、複数枚のこのカードである。

  • 元ネタは八つの枢要罪の一つで古ギリシャ語で憤怒を意味する単語「'Οργη (ηの上に強アクセント、オルゲー)」だろう。

関連カード

―《アモルファージ・オルガ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アモルファージ・オルガ》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 地属性 ドラゴン族 攻1650 守0 スケール3 アモルファージ

広告